救われた命 4

13日(火)は熊本市動物愛護センターからレスキューした猫4匹をご報告しましたが
同日にゃぶ子さんが県動管センターへ車を走らせてくれて
檻に収容されている命の危機が迫る2匹を引き出してきてくれました

「命の危機に一番近い子を2匹」という夢のようなご提案を下さったのは
犬猫救済の輪さまを介して引き取りをしてくださる飼い主さま
本当に本当にありがたいお話をしてくれた結さんの言葉に
携帯で話ながらも涙がジワジワと溢れてきました・嬉

県動管センターの猫たちを毎週ノートに記録してるにゃぶ子さんに速攻電話!
なるだけ早いタイミングで引き取りの計画をたて
おとといようやく檻から出してあげることができましたよ^^

2016090914 
1匹目は茶トラ君
7月5日に八代保健所から移送され
2ヵ月以上もパイプの上で頑張りました

2016091408 
動物病院に到着するまで一言も鳴かなかったらしい…
怖かったんだね

2016091410 
・体重2.95kg
・エイズ白血病検査(陰性)
・ワクチン接種
・検便(-)
・レボリューション塗布

2016090912 
もう1匹は黒い女の子
7月11日有明保健所から移送されて以来ずっと檻でがんばりました

2016091409 
彼女も終始無言で不安そうな表情が切ない…
もう大丈夫だよ

2016091411 
・体重2.6kg
・エイズ白血病検査(陰性)
・ワクチン接種
・検便(-)
・レボリューション塗布

私達がセンターを訪問した時には
目が合うだけでシャー!威嚇にパンチが出ていましたので
毎週訪問するたびに「今日も会えるかな・・・」と
恐る恐る檻をチェックしたものでした・涙

だからこそ犬猫救済の輪さまからの救いの電話には
飛び上がるほど嬉しかった!

なんの罪があって人間が作り上げた社会から追い出されなきゃいけないのか
もっともっと市民への啓蒙を
そして何より不幸の連鎖を絶つ不妊手術の推進を
県に強く要望します

一人一人の気持ちを変えて行動に移す勇気を持てる
そんな社会にするための第一歩を踏み出すきっかけを
震災後の今つくるべきだと強く感じています


-----------------------------------------------------------

県のセンターで頑張る小さな命を1つでも引き受けてくださいませんか?
助かる命があればワクチン接種やお渡しまでの保護は当方で行います
遠方の方でしたら出来る限り車や交通機関を使いお手元へお届けできるようにします

みなさまのご協力が必要です
どうか宜しくお願いします!

専用メールフォームはコチラ
※引き受けが可能な方は時間短縮のため
 できるだけ活動の内容やご環境などの詳細も書いてください


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.09.15 | | 熊本県動物管理センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!