センターの犬たちとご報告

2016070701 
おとといの熊本市動物愛護センター
怪我や病気の治療にあたる検査室の隣にある犬舎を見せてもらいました

別棟の愛護棟には19頭が収容され
ココ古い犬舎には18頭と検査室に1頭
合計38頭の犬がセンターで出逢いを待っています

2016070702 
トレス君

2016070703
サー君

2016070704 
福本ハナコちゃん
(なぜかフルネーム)

2016070705
ダーニー君

2016070706 
うたちゃん

2016070707 
怖がりトリオのサラツちゃん、さなえちゃん、だいず君

2016070708 
同じ檻の反対側
マーニー、きょうこ、プリちゃん

震災後にかけつけてくださった他県の行政などのご協力により
収容数はピークの半数以下になっていて
猫に比べ落ち着いた収容数を保っています

今月のセンターの休日譲渡会は17日(日)の予定です
仔犬も多数収容されていますので
平日に足を運べない方には是非参加していただきたいと思います

------------------------------------------------------------

2016070709 
昨日は県動管センターから一時保護していた仔猫たちを
東京で活動しているねこひと会さまへ5匹引き受けていただきました

保護した時の日記はコチラ

当初の予定では前の週の6月30日に空輸する予定でしたが
県から一時保護して間もなく風邪の症状が出たため
先に状態の良いやすこちゃん、ペルリ君、なずま君の3匹だけを空輸

昨日送り出した5匹が追いかける形で東京へと旅立っています

2016070710 
①と②

2016070711 
③の子は風邪の治療が完全ではありませんでしたが
ねこひと会代表のゆきももこさんから無事に到着した旨のメールをいただいています

2016070712 
③のきょうだい④⑤

みんな無事に空輸を乗り切り
本当の幸せを手に入れる日を心待ちにしながら
ねこひと会のスタッフのみなさまにサポートしていただきます

今回の震災で県外のボランティアさまには
何匹何十匹と助けていただいています

チームはとても小さな団体なので
震災後の活動を通して力量不足を再三感じております…

熊本から猫や犬たちを引き受けてくださったボランティア様には
この場をお借りして心より御礼を申し上げます

今日は仕事を終えたその足で県動管センターを訪問してきますので
追ってご報告させていただきますね


-----------------------------------------------------------

県のセンターで頑張る小さな命を1つでも引き受けてくださいませんか?
助かる命があればワクチン接種やお渡しまでの保護は当方で行います
遠方の方でしたら出来る限り車や交通機関を使いお手元へお届けできるようにします

みなさまのご協力が必要です
どうか宜しくお願いします!

専用メールフォームはコチラ
※引き受けが可能な方は時間短縮のため
 できるだけ活動の内容やご環境などの詳細も書いてください


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲



テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.07.07 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!