黒子ちゃんの保護

2016062901 
昨日は熊本市動物愛護センターから
1匹の子猫を保護しました

黒子ちゃんは20日にセンターへ収容され
やせっぽちだったもののご飯は食べていましたが
26日(日)急に食欲元気が減退したため
心配した職員さんからご相談をうけていました

2016062902 
センターの訪問を終えて
迷わず黒子ちゃんを連れて動物病院へ急行

物音すら聞こえない段ボールを病院で開けてホッ…
(毎度のことながらドキドキする瞬間・涙)

2016062903 
診察台ではおとなしくおすわりして先生を待ちます
体温は8.5℃と平温
血色も悪くないけどやっぱりやせっぽちでがりがり
先生がa/d缶を差し出すも全く興味なし・涙

このまま病院で食欲元気が出るまで預かってもらうことにしました

生後推定1ケ月半はありそうな骨格だけど
体重はたったの320g
南区近見のガソリンスタンドで無事に保護された黒子ちゃん

幸せへの第一歩を踏み出します
黒ちゃんがんばれ!

2016062904 
センターにはもう1頭
気がかりな犬が収容されています

震災後に迷子犬として収容されたぴょん吉くん
右前脚の腱が切れているのかお腹側に引き寄せられるような変形をしています

2016062905 
折れ曲がったままの右前脚の手首は地面でこすれてすりむけています

ぴょん吉君には飼い主がみつかったものの
飼い主の都合により飼い続けることが困難となったため
センターで新しい出会いを待つことになりました

重たそうな前足を引きずってよたよたと歩く姿をみて
なにか解決策があればと職員さんからご相談を受け
近いうちに一度連れ出し動物病院へかかりたいと考えています

県動管センターの猫たちや
市の猫たちの保護を最優先し進めていますが
ぴょん吉君のことも気がかりなため
みなさまから届いている支援金に頼らせてください

ふれあい動物のイベントにも参加させられるほとお利口さんなぴょん吉君
(職員さん談)
一日も早く快適になれるようサポートさせていただきます


-----------------------------------------------------------

県のセンターで頑張る小さな命を1つでも引き受けてくださいませんか?
助かる命があればワクチン接種やお渡しまでの保護は当方で行います
遠方の方でしたら出来る限り車や交通機関を使いお手元へお届けできるようにします

みなさまのご協力が必要です
どうか宜しくお願いします!

専用メールフォームはコチラ
※引き受けが可能な方は時間短縮のため
 できるだけ活動の内容やご環境などの詳細も書いてください


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲




テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.06.29 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!