センターの猫たち&お願い

2016062301 
昨日は2週間ぶりのセンター訪問

成猫27匹
仔猫31匹
合計58匹の収容となっています

2016062302 
事務所内の譲渡対象ケージにはコリちゃんがデビューしています^^

2016062303 
負傷(衰弱)で検査室に収容されていた琴ちゃんも譲渡対象に

事務所内には多数の子猫たちが収容され
本当の家族との出逢いを待ちわびています

2016062304 
成猫の譲渡対象のりかちゃん

2016062305 
ネネちゃん

2016062306
クーシーちゃん

2016062307
シェアトちゃんと奥のアトリアちゃん

2016062308
リマちゃん

2016062309
ピスちゃん

2016062310
ニョッキ君も検査室を卒業!
口の開口幅は少ないままですが
ドライフードを頑張って食べてくれます(食欲旺盛)
抜群の人慣れ

2016062311
ひろぴん君は一時的に食欲が減退しましたが
最近はまた食べるようになってきたそうです

2016062312 
飼い主死亡により親族から持ち込まれた不用動物
なるちゃんと

2016062313
きょうちゃん

ニョッキ、なる、きょうの3匹以外は
怖がりな性格ですのでたっぷりと時間をかけて待って下さるご家庭を希望しています

気質が十分に分かる成猫は仔猫よりも飼いやすい場合がありますので
ご家庭の環境にあわせて職員さんにも相談してみてください

2016062314 
ビーコちゃんから検査室
彼女は引っ込み思案ですが飼い主さんにはベタベタするタイプ
下半身麻痺ですので排泄の介助が必要です

2016062315
オハナちゃんは怖がりな性格
彼女も一時は食欲が激しく減退していましたがなんとか復活
いずれにせよ血液検査を受けていただきたい子です

2016062316 
ほうか君もちょっぴり怖がり

2016062317 
かっきー君はかなりの怖がりで余り近づくと威嚇します

2016062318 
困り顔が可愛いふっこちゃん

2016062319
ウインクちゃんは
どうしても自力でご飯を食べたり水分をとろうとしないため
収容以来ずっとウェットタイプのフードを強制給餌中

2016062320 
負傷で収容され一時は衰弱が進んでいたたてお君
すっかり元気になっています

2016062321
怒りん坊のズーちゃんは生後半年ほど

2016062322
昨日収容されたばかりの仔猫
強制給餌をするとなんとか飲み込んでくれたそうです
がんばれチビちゃん

2016062323
下半身麻痺のぐり君

2016062324 
ケイプ君

2016062325
ミトンちゃん

2016062326
平矢くん

検査室の猫たちの半数は譲渡対象ケージの空き待っているところ
1日も早いチャンスが訪れますように

2016062327
首の怪我は治まってきたものの
相変わらず舌が出たままのモロ君
顎の状態を確認したいところですが今その時間も取れない状況で悔しい

2016062328 
まちこちゃんは下半身が若干弱いようです
(怖がりで触らせてくれません)

2016062329 
ジンジャー君
検便に問題なければ譲渡対象になる予定だと聞いています

2016062330 
先週負傷で収容された生後2ヶ月ほどの幼い金時くん
収容当初は弱っていて肛門からウジ虫が出てくるほどの重症でした
職員さんの助けによってここまで元気回復しています
事故に遭ったのか高所から転落したのか…下半身麻痺です

怖がりさんなので時間をかけて信頼関係を築いていきます

-------------------------------------------------------

県の収容猫たちのお世話と対応とご協力の呼びかけなどの活動が忙しく
市の愛護センターとのやり取りが後手に回ってしまってい
職員さんにもかなり遠慮していただいているのが手に取るように伝わってきます・涙

ちゃんとご報告していませんが
県の管理センターには連日スタッフ3名がメインとなって交代で訪問し
サポートしてくださるボランティアさんと共に猫のお世話に全力を尽くしています
県の収容キャパを大きく超えて昨日現在で県の猫は87匹にのぼり
限られた時間の中でできるお世話の内容にも限りがあり
先の見えない暗闇を手探りで
とにかく目の前で待つ命に向き合うことで精一杯

この危機的状況を打破するためにも
今みなさまのご協力が必要です

支援物資や支援金へご協力いただいて本当にありがとうございます!
そしてもうひとつお願いしたいことがあります
県のセンターで頑張る小さな命を1つでも引き受けてくださいませんか?
助かる命があればワクチン接種やお渡しまでの保護は当方で行います
遠方の方でしたら出来る限り車や交通機関を使いお手元へお届けできるようにします

みなさまのご協力が必要です
どうか宜しくお願いします!

専用メールフォームはコチラ
※引き受けが可能な方は時間短縮のため
 できるだけ活動の内容やご環境などの詳細も書いてください


-------------------------------------------------------

熊本市動物愛護センターで猫ミルクが不足しています

・ワンラックゴールデンキャットミルク

ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら
お届けをお願いします!

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

---------------------------------------------------------

チームでは県から猫を引き取ってくれるボランティアさまを急募しています
一時預かり募集ページよりご連絡をお待ちしています



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲



テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.06.23 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!