ママちゃんのこと

2016060601 
3年前の11月にセンターからやってきたママちゃん
下半身麻痺に加え尿道が破裂する重症を負い長い間オムツ生活を続けています
保護当初の日記

治療の経過1
治療の経過2

破裂した尿道が治らなかったため
損傷を受けていない尿道を下腹部から出す手術を受けたおかげで
オシッコは詰まることなく順調に出ていましたが
常にタラタラとオシッコが出るタイプなので
下腹部の尿道の出口が常にジュクジュクして真っ赤

マリンママさんにこまめにオムツを交換してもらい
都度ワックスや軟膏を塗りながら頑張ってきました

思いつくことにはチャレンジしてきたのですが
昨年末から今年にかけて食欲が不安定になり激やせも加速
ここにきて排尿のケアに限界に達しています

2016060602 
細くなってしまったママちゃんのお腹
(向かって右が胸で左が後肢)

オシッコが出てくる尿道の先は酷く化膿し
尿道全体が炎症を起こしとうとうオシッコが詰まって出なくなりました

排尿ができなければ命取りですので
マリンママさんに連れられて朝晩2回
病院で針を膀胱に挿入し直接オシッコを出してもらっていました

2016060603
これから先の事を早急に決めなければいけません

このままリクスの高いオシッコを出しを続けるのか
それともママちゃんの痛みや苦しみを取り除くためのチャレンジをするのか

最終的に
長崎県の専門医を紹介していただいて
人口尿道を装着する手術に挑戦することにしました

そうと決まった翌日4日(土)には
マリンパパさんが仕事の都合をつけてくれてママさんと一緒に長崎へGO!
診察を受けそのまま入院

手術後数日間入院し
順調にいけば今度の週末には連れて帰れそうです^^

片道2時間半の道のりを
「ママちゃんのためなら」と乗せてってくれたマリンママさん夫婦
ホントにありがとうございました!

ママちゃん元気で帰ってきてね

2016060604
熊本市動物愛護センターから先週引き取った気胸の黒チビちゃん

呼吸は随分軽くなったようで毛づくろいをする余裕すらありましたが
相変わらず食欲がないらしく強制的にお口の中にウェットフードを入れてもらっています
(目つきもまだ全快って感じじゃないですね)

早く元気になって酸素室を卒業しようね

がんばる小さな命
名前は何にしようかなぁ

今日は仕事を終えたその足で県から成猫を引き取ります
どれだけの命が繋げるのか
ゴールは見えないままですが
今はただ目の前にある課題をひとつひとつクリアするのみ


---------------------------------------------------------
チームでは乳飲み子~成猫まで
幅広い世代の猫を預かってくれるボランティアさんを募集しています
一時預かり募集ページよりご連絡をお待ちしています

---------------------------------------------------------

熊本県動物管理センターへご支援をお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.06.06 | | 飼主さん募集

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!