負傷子猫とキクちゃん

2016060201 
昨日は熊本市動物愛護センターを訪問する直前に負傷仔猫が収容されました

とにかく呼吸が悪く全身の力を振り絞って空気を吸い込んでいます
首や胸には傷があり肺に損傷を受けた可能性が高そう

昨日は足早に猫たちの面会を済ませ
チビちゃんを乗せて病院へ急行しています

2016060202 
センターではぐったりと横になってたし物音すらしなかったので本気で心配しましたが
ダンボールを開けてみるとこうして伏せる姿勢をキープ
それでも呼吸が悪く
呼吸しやすい楽な姿勢を保とうとしているような感じの姿勢なのかな

2016060203 
わかりづらいですが左脇腹に傷が1ヶ所
喉元にも傷がありました

2016060204 
レントゲンの結果
気胸と皮下気腫がみつかっています

2016060205 
傷ついた肺から漏れ出す空気が止まることを待つしかないと
抗生剤の注射をしてもらいそのまま温かい酸素室へ入れてもらいました

体重350g
クマちゃんみたいな可愛い女の子です

きっと快復して元気に走る姿を見れますように…


2016060206 
昨日は市のセンター前に県へ立ち寄り
ラッキーガールのキクちゃんを無事に連れ出してきました!
(ご支援いただいたピンク色のメッシュキャリーお似合いでしょ^^)

診察を待つ間のキクちゃん
キョロキョロしながらも撫でようと手を近づけると
スリスリゴツンとお顔をすり寄せてくれます
(めっちゃ慣れてる)

2016060207 
診察台の上ではさすがに緊張ぎみ・笑

2016060208 
怪我をしていた両後肢に軟膏とガーゼをあててもらい
靴下も履かせてもらいました

2016060209 
圧迫排泄をしてもらいオシッコの色をチェック

「少し痩せ気味だからしっかり食べてもうちょっと太るといいね」
って先生から言われています
2016060210 
「あ"ー先生こわっ」
なーんて・笑

昨日はフロントラインと予防接種をしてもらい
そのまま病院に預かってもらいました

ワクチン後の経過を見て
来週末からのトライアルに入りますvv

熊本県動物管理センターには
今もなお多数の犬や猫たちが収容されています

今一番必要としているのが
生後1~2ヶ月ほどの仔猫を引き受けて下さる飼い主さんやボランティアさん

チームでは手分けして22匹の仔猫を預かっているため
今は余裕が全くない最も辛い状況です

近隣の県でしたら輸送することも可能です

みなさまの温かい救いの手をお待ちしています


---------------------------------------------------------
熊本県動物管理センターに収容されている猫たちに
新しい飼い主さんを緊急募集しています
※センターからの直接の譲渡は行っていません

気になる子がいらっしゃいましたら
当方へご連絡をお待ちしています!

コチラをご覧ください

※5/30現在 お問い合わせ0件

---------------------------------------------------------
チームでは乳飲み子~成猫まで
幅広い世代の猫を預かってくれるボランティアさんを募集しています
一時預かり募集ページよりご連絡をお待ちしています

---------------------------------------------------------

熊本県動物管理センターへご支援をお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.06.02 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!