県から女の子2匹!

先週末に県の動管センターに猫のお世話のお手伝いに行った時に
新たに収容されていた猫のうち2匹を緊急レスキューしました

2016052501
 
1匹目はシャム柄の女の子
お腹が張っていたので妊娠しているのではと心配で
引き受けさせてもらいました

2016052502 
診察台でもおりこうさんでブルーアイがチャームポイント
推定1歳前後で体重は3.55kg

エコー検査ではお腹に赤ちゃんはいませんでしたが
産後間もないと先生から聞き
赤ちゃんはどうなっちゃったの?と切ない気持ちになりました

2016052503 
もう1匹も推定1歳前後の女の子
体重2.05kgと小ぶり

2016052504 
診察台でもスリスリグリグリとっても人慣れしています

2匹ともワクチン接種とフロントラインをしてもらって
体調をみて避妊手術をお願いしています

がんばった2匹に新しい飼い主さんを探しています
ご家族になってくださる方がいらっしゃいましたら
アンケートフォームよりご連絡をお待ちしています


2016052505 
県には他にも多数の猫が収容され
救いの手を待っています

今最も気になっている子が上の下半身麻痺の女の子
この子もまだまだ若く1歳ほどではないかと思います

収容当初は酷い下痢でしたが
今は落ち着いています
オシッコは溜まるタイプですので1日1回の圧迫排泄をしてあげれば
オムツの着用は必要ないと思います

胸がギュッと痛むほど甘えたさんで
間違いなく人の愛情を受けた子だろうな…

圧迫排泄って怖い?
とお思いの方も多数いらっしゃるかと思いますが
要領を得れば全然難しくありません
(トイレを設置しなくていいというメリットもありますよ^^)

なにも好きで事故に遭ったわけじゃない!
利便性を追求する人間社会の犠牲になった彼女に家族を待っています
飼い主さんアンケートフォームよりお待ちしています


2016052506 
2016052507 
こちらの5匹も県のセンターに収容されている子たち

上がオス組 下がメス組

彼らは違う保健所からそれぞれ送られていきましたので
血縁関係など全く不明ですが
収容当初に酷い疥癬ダニで痒がっていたのが唯一の共通点

いずれも幼い子たちでとても慣れていましたので
職員さんにご相談させていただき
センターに居ながらダニの治療をさせていただくことが叶っています

この子たちは週末には最後の治療を終える予定ですので
バッチリ美男美女に変身させて
第二の、新しい、幸せな生活へ向けて橋渡しをしてみたいと思います

彼らにも新しい家族を探しています!

ご連絡を心よりお待ちしています

大震災の被害に遭い絶望的な日々を過ごしたこともありましたが
こうして県で処分されるはずの命に生きて出逢えること
そして県内外から多数のお声掛けをいただくことに
たくさんの勇気と希望をいただいています

支援金や支援物資だってそうです
想像以上のサポーター様からいつも応援していただいてるんだな
と改めて実感し感謝の気持ちでいっぱいです

まだまだ先は長くゴールもいまだ見えていませんが
フィリアさんと力を合わせて突き進んでいきます

---------------------------------------------------------

チームでは乳飲み子~成猫まで
幅広い世代の猫を預かってくれるボランティアさんを募集しています
一時預かり募集ページよりご連絡をお待ちしています



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.05.25 | | 熊本県動物管理センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!