口が開かないニョッキ

2015052101 
先週のセンター訪問からずっと気になってた検査室のニョッキ

流動食しか食べないと職員さんに聞いて
口まわりをジーッと観察してみると
どうやらおちょぼ口のまま舌だけがペロペロ
もっとよーく見てると顎の可動域が全くない様子で
下顎が奥にずれてるような…

県動管センターに収容された猫たちのことで頭いっぱいだった
いかんいかん
彼の事だけは見過ごせないと
おとといの訪問で連れ出してきました


2015052102
体重2.65kg
血色は悪くないもののかなり痩せています

2015052103
口のトラブルを先生に話して早速診てもらうと…

わかりづらいですが
口に衝撃を受けた拍子にやはり下あごが打ち込まれるように奥にズレて
上下の犬歯が引っ掛かった状態で固定されていることが分かりました

「こりゃどーし」と先生・汗
この状態でかなりの長期間が経過してるらしく
固定したままの口内環境は最悪
引っ掛かった犬歯の接地部分はおろか
奥歯全体に真っ黒い歯石がびっしり(これは抜くことになりそう)
歯茎もぶよぶよ歯肉炎がかなり進んでいました

こんな状態になるまでよく頑張ったね・涙

2015052104
血液検査の結果も悪くなかったのでその日のうちに麻酔をかけて
上下どちらかの犬歯を削ってもらうことにしました

そして翌日には退院しセンターに返還する予定でしたが…


2015052105
仕事を終えて足早に迎えに行ってくれたにゃぶ子さんから
写真と術後の経過がよくないことを知らされました

下の犬歯を削ってもらったまではいいのですが
長期間固定されていたため顎の関節が固まり
口の開きに全く変化がありませんでした

このままでは一生口が開かないままになってしまうので
2日に1回のペースで口を開ける器具(テコの原理を使って強制的に開ける器具)
を使いながらリハビリが必要だと先生からの助言

センターにはそんな器具も手厚いケアも今は難しいため
先生にお願いしもう少しリハビリ療養をさせてもらうようお願いしています

ずっとつらい思いをしてきたのに
これからも痛みを伴う生活が続きます
(想像しただけでも悶絶)

がんばれニョッキ!
痛いだろうけど…怖
がんばって・涙

2015052106
TKUさんの取材が入り
チームの活動にも触れてくださいました

少しでも多くの方々に知っていただく機会に恵まれて
市の犬猫たちは本当にラッキーだと思います

書きたいことがあるのに書けない苛立ちと焦りがまた沸々と…
人間が世界一厄介者だと今回の震災でまた痛感しています

さて これから病院を回って空港に向かいます


-----------------------------------------------------

チームでは乳飲み子~成猫まで
幅広い世代の猫を預かってくれるボランティアさんを募集しています
一時預かり募集ページよりご連絡をお待ちしています



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲



テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.05.21 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!