先が見えない不安と恐怖

2016051208 
2016051207
 
上の2枚の写真は
昨日現在で熊本県動物管理センターの収容数を示すメモ

既にフィリアさんが仔犬をメインに一時保護していての数字
チームでも日曜日に5匹の成&仔猫5匹を預かっていますが
そんな数なんて全く追いつかず連日増加の一途をたどっています

2016051201
 
施設内に設置されている猫専用の部屋
狭い檻1つずつ引き出して
そのまま処分機に入れることができるようになっています

通常なら県内10箇所の保健所からこちらの施設に移送され
毎週末に一部の犬猫を除き殺処分が行われるという現実でしたが
震災後はその殺処分が中止されています

写真の檻に収容されている成猫が27匹
あと3部屋しか残っていない計算になります

2016051202 
そして昨日は熊本市動物愛護センターへの訪問を取りやめて県へ

12匹の猫を2つの動物病院に預かっていただく交渉を済ませ
6匹と6匹に分けて連れ出すつもりでした

2016051203 
ところが
熊本県動物管理センターへ到着すると
昨日は更に6匹の仔猫が追加収容され
生後1ヶ月前後の仔猫が18匹になっていました

2016051204
駆けつけてくれたにゃぶ子さんと
「どうしよう…この中から12匹なんて選べないよね…」
悩んだ末
先生に怒られる覚悟で18匹全ての子たちを連れ出しました

2016051205 
風邪っぴきだったりビビりだったりとびっきり人慣れしてたり…
様々な動きを見せる色んな柄が入り混じった子たち
もうどれがどのきょうだいなのかさっぱり

2016051206 
その中には衰弱している子もいて職員さんに温めてもらっていましたので
チームでバトンタッチさせてもらいました

乳飲み子も15匹収容されていましたが
うち10匹はフィリアさんのご努力により3箇所の獣医さんやボランティアさんに分けてお預け
残る5匹は連れ帰れないものの施設内で職員さん2人でミルクを与えてみるそうです

県のセンターには1日2箇所の保健所から保護のキャパを超えた犬猫たちが
連日収容されています

今日も明日も…
このままでは保護環境が悪化してしまいます
更に動物たちにストレスがかかることになれば
感染症の発生と蔓延を食い止めることができません

昨日預かった18匹の仔猫たちは1週間の約束で病院に預かってもらいます
来週の水曜日にはチームで保護し成長を支えていきたいのですが
預かってくれるスタッフが不足しています

チームでは猫や犬の一時預かりをしてくださるボランティアさんを探しています
小さな赤ちゃんから離乳の手助け
成猫の預かりも大歓迎です

一緒に頑張ってみたいと思ってくださったら
ご連絡をください!
メールフォームはコチラ


◆熊本市動物愛護センター◆ 

熊本市動物愛護センター 
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1 
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185 
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲



テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2016.05.12 | | 熊本県動物管理センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!