センターから連れてきた2匹

連日のように収容される遺棄されたり怪我や病気に苦しむ猫たち
台風の影響か今週は特に目立ちます

おとといの訪問では特に重篤な子を優先して
2匹の成猫と子猫をチームで保護しています

2015082801 
まずは若い成猫のざきちゃん
下半身が麻痺し後肢の皮膚がずり剥けていると職員さん

人間に強い警戒心があるためその場では患部の状態をみれませんでしたが
一時保護に踏み切りました

2015082807 
用心のために看護師さんには革手袋装着をお願いし診察台へ
怯える瞳から彼女の不安が伝わってきます

2015082808 
右の後肢のダメージがとにかく酷い
前部の腿から脛にかけて皮膚がスパッと切れ
肉組織や骨 神経までもが露出しています

2015082809 
奥の左後肢も同じように皮膚の破れが見られますが程度は軽め

本来ならばすぐに消毒をして皮膚を縫合する処置に入るのですが
彼女の場合は下半身麻痺というハンデがあるため
治療にかかるストレスの軽減のための早期回復を目指し
思い切って断脚してしまうという方法も候補にあがりました

下半身が完全に麻痺だったとしたら
怖がりな彼女のためにも命と引き換えに脚を諦めるという方法もありなのですが
後肢の怪我した個所を触ったり脚の指を刺激するとかすかに反応があります

診察室で悩みに悩んだ挙句
先生の提案でレントゲン検査をしてみることにしました

2015082810 
結果として
ここぞというダメージを受けた箇所が
何度見返しても見当たりませんでした
(骨盤もきれい)

感覚があるのなら再び歩行できる可能性の芽を摘む訳にはいかないため
ここはがんばって皮膚を寄せる処置を行い
日々の洗浄→消毒→軟膏塗布→保護
を続けてもらうことにしました

2015082811 
そして早速診察台から移動して
患部の洗浄と消毒
おとといはそのまま皮膚を寄せて縫合をしていただいています

ざきちゃんが再び元気を取り戻すことができますように


2015082802 
もう1匹は推定生後1ヵ月半ほどの男の子
一見風邪を引いてるだけのように見えますが

2015082803 
首を見せられてびっくり
ビニール紐が首に食い込み皮膚が完全に離れ化膿も進んでいます

2015082804 
迷わず引き取りざきちゃんと一緒に病院へ

先生に診ていただくと
栄養管理に消毒と抗生剤投与を続けることで
快復は早いだろうと言われています

よかった

2015082805 
そのまま首の洗浄をしていただいて固まってこびりついた膿を洗い流し
軟膏を塗って包帯で患部を保護

2015082806 
掻きむしったりしないようにお洋服を着せてもらい
MATSU君もしばらく病院で預かってもらうことにしました

病院で長期入院中だった由紀恵ちゃんがようやく退院できたと思ったら
また更に2匹の追加入院

病院にはご負担をかけていますが
支援金の残高が許す限り治療が必要な子たちが命を落とさないよう
サポートをしていきたいと思っています

サポーター様には心より感謝申し上げます

2015082812 
現在病院にお世話になっている重い肝臓病のハント君
食欲はずいぶんあがっていますが
依然として黄疸がみられ貧血もなかなか改善しないまま
後肢かかとの皮膚のずり向けも改善傾向にありません

ハントには終生飼養として迎えてくれるボラ家族をさがしています
(必要な物品やフード、医療費なども当方で負担させていただきます)

看護師さんも「とっても可愛くていい子☆」と絶賛してくれる彼に
永遠の家族になっていただける方を探しています

-----------------------------------------------

熊本市動物愛護センターよりSOS

子猫用のドライフードが大変不足しています

ご支援いただける方がいらっしゃいましたら
熊本市動物愛護センターへ宜しくお願いします


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2015.08.28 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!