センターの猫たち

7月31日
熊本市動物愛護センターに12匹の猫が収容されました
飼い主による飼養放棄です

2015080601 
2015080602 
2015080603 
2015080604 
成猫が7匹
全てメス猫です

更に生後1ヵ月ちょっとの子猫が5匹
風邪の治療を受けていました

どうして手放すことになったのか
なぜこんなに増えてしまったのか
今は詳細をお話することができません(聞けていません)

そして更に近日中にオス猫が多数収容される予定だそうです

2015080605 
2015080606 
2015080607 
海音ちゃん、凪君、小夏ちゃんも飼い主の都合で追いやられた子たち

2015080608 
2015080609 
エボシちゃん、おそのちゃん
ポニョちゃん、さつきちゃん、めいちゃん達も同じ運命を辿っています

今こうしている間にも
社会のルールを破り人間のエゴだけに縛られ生きている動物たちが沢山います

わたしたち人間の意識を変えない限り
不幸の連鎖は永遠に続きます

2015080610 
げん君とオーウェンちゃん

2015080611 
手前のピュアちゃんと奥のハント君

2015080612 
ハント君は右後肢に皮膚の欠損と化膿があり
職員さんによって毎日洗浄とラッピング療法をしてもらっていますが
皮膚のない範囲が広くなかなか寄らないと聞いています

痛みもかなりあるらしいので
このままでは断脚も視野に入れるべきだと職員さんに言われています

現在病院には重症のジュライと由紀恵を預けていて
医療費や病院の負担を考えると引き取りは難しいと考えセンターをあとにしていますが
昨日から一晩考えたりマリンママさんに相談したりして
ハントの明るい未来のためにも
もう一踏ん張りしてみることに決めました

朝から病院へ電話し
ハントと入れ替えでジュライを引き取り
マリンママさんちで治療を続けることにしています

ハント君は仕事を終えた夕方に迎えに行きますので
診察結果はまたご報告させていただきます

2015080613 
ブレスちゃんとアリアナちゃん

2015080614 
一時は容態が急変しチームで一時保護したマクベス君
骨盤骨折の影響で便秘をしていましたので
消化器サポート(可溶性繊維)を主食にしてもらっています

※「ロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性繊維)ドライ」のご支援をお願いします

2015080615 
ジン君とこさめちゃん

2015080616 
ポルコ、ちん、あしたか、パズー君きょうだい

2015080617 
愛護棟の梅君とちから君

2015080618 
ダース君

2015080619 
のりかちゃん

2015080620 
トミーちゃん

2015080621 
ベイ太君

2015080622 
ムスカ君

2015080623 
コアちゃん

そして検査室
15匹も収容されいっぱいいっぱいです

2015080624 
ピスちゃん
人慣れトレーニング中ですが譲渡枠に空きがあれば移動可

2015080625 
同じくヒガシ君も

2015080626 
コアラちゃんも上に同じ

2015080627 
ひろぴん君はもう少し人慣れに時間がかかりそう

2015080628 
ビーコちゃんは下半身不全

2015080629 
トラバサミで指を失った大河君

2015080630 
タルミ君

2015080631 
下半身麻痺のふうせん君
生粋の野良気質で圧迫排泄すらさせてくれないそうです
今のところオシッコは漏れ出ているため
無理せず様子を観察しているところだそうです

2015080632 
風邪治療中の水と陸兄弟

2015080633 
オハナ君

2015080634 
2週間前に収容された5きょうだい
マティーニ、ラム、カルア、ジャック、シャンディ
風邪と真菌の治療を受けています

2015080635 
フィレンツェ君

2015080636 
花、リン、シャン3きょうだいも真菌の治療中

2015080637 
センターで一番気になっているのがストローク君
事故に遭い下半身不全と鼻からの血が気になります
人慣れしていないのが難点

2015080638 
昨日収容されたばかりの真っ黒い5匹の乳飲み子たち

昨日現在でセンターには85匹の猫が収容されています
どこもかしこも猫だらけで
これ以上の収容を受け入れるスペースがありません

今度の日曜日(9日)は熊本市動物愛護センターで
休日譲渡会が開催されます

元気な猫たちに譲渡が決まれば
治療や人慣れで時間を要する猫たちの命をつなぐことも可能です
もちろん検査室の猫たちにも希望があれば譲渡のチャンスももらえますので
気になる猫がいれば遠慮なく職員さんに相談してみてくださいね

チームの保護っ子たちも減らさないことには
今後の受け入れが難しくなってしまいます

ペットショップへ行く前に
譲渡会へ足を運んでみてくださいね


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2015.08.06 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!