あとをたたない負傷ねこ

2015070701 
3日センターから負傷した成猫を一時保護してきました

仮名はジュライ君
中央区神水の空き地でうずくまっていたそうです

2015070702 
前日に収容された時は酷い脱水で起き上がることもできませんでしたが
センターで保温と皮下補液と抗生剤を投与してもらい
なんとか命を繋ぐことができ
診察台では香箱座りをしてみせてくれました

2015070703 
まずは右目
酷い炎症により白濁し完全に失明しています

2015070704 
くぼんだ瞼の奥にはきれいな左目が見えます
こっちはちゃんと見えるようです

2015070705 
そして衰弱への決定的なダメージは下顎の骨折
右下顎(写真では左)が正中から折れて下に下がりぐらぐらになっています

これじゃ食べ物も口にできません

2015070706 
そして右後肢のかかとには皮膚の欠損と化膿

2015070707 
体重2.4kg
男の子にしてはかなり痩せているため
感染症があってもおかしくないと諦めていましたが
幸いにもエイズ・白血病の検査は陰性

2015070708 
腕からは点滴用の留置針をとってもらい
食事を確保するための栄養チューブを鼻から挿管

しばらくは不自由するけど我慢してね…

血液検査の結果
脱水や貧血はあったものの腎臓などの数値に問題なし
顎の手術を受けるまでにしっかり体力をつけてもらいます!

ジュライ君の快復のための医療費がしばらくかかりそうですが
救えなかった命の分まで精いっぱいサポートしてみたいと思います

支援金へのご協力ありがとうございます

2015070709 
そして6月15日から入院していたはなのちゃん
ジュライ君と入れ替わりで退院しています
居候先はマリンママさん宅

体調をみてセンターへ返還することにしています

はなのちゃんの保護日記はコチラ

2015070710 
呼吸の妨げとなっていた気胸は無事に完治したものの
下半身の皮膚のダメージが酷く毎日の洗浄が欠かせません
でもずいぶんきれいになってきましたよ^^

それから深刻だった貧血もお薬の投薬により徐々に数値が良くなっていますが
今後も経過の観察が必要だと先生に言われています

しっぽの付け根の骨折により壊死が進んでいたため断尾もしてもらいました

それにしてもはなのちゃん
かなりの怒りんぼうさんでかんぺきノラっぽい・汗
洗浄してもらう間もウーウーうなって
キャリーケースに入れてもらった時にはお見舞いパンチをくらいそうになりました・泣

現在チームの保護っ子で病院にお世話になっている子は
トップでご紹介したジュライ君のみ

6月の医療費がかさんだため
当面の新たなレスキューは我慢しなければいけませんので
せめてジュライ君だけでもしっかりと治療を受けさせたいと願っています

これからもチームへの温かいご支援をよろしくお願いします


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲





 

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2015.07.07 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!