たて続けの収容

2015051901 
連日のように負傷したり病気で苦しむ猫たちが
熊本市動物愛護センターに収容されています

上の写真の猫はその中の1匹=ピュア君
他にも2匹収容されたと職員さんに聞きましたが
既に死亡していたり収容後間もなく亡くなってしまったそうです

職員さんから骨盤あたりに骨折が見られると聞き
昨日は仕事を終えたその足でセンターへピュア君を迎えに行き
動物病院で診察後入院させています

2015051902 
骨盤の骨折に加え排便困難なのか便秘だったため
センターからいただいたレントゲン写真を確認し
診察台で便を掻き出してもらいます

そして改めて腰回りの写真撮影

2015051903 
骨盤と脊椎を繋ぐ仙腸関節の脱臼
右側の骨盤が上にあがっているのが分かります

そして気になるもう1箇所のダメージが
右側大腿骨と骨盤を繋ぐ寛骨臼(かんこつきゅう)のひび割れ
大腿骨の骨頭の受け皿となっているくぼみ

2015051904 
横から見た写真
薄くて見づらいですが
丸い寛骨臼の下あたりに
横に亀裂が入っている部分があります

仙腸関節だけの脱臼であれば手術はすぐにでも可能ですが
しかるべき位置に戻す作業の過程で寛骨臼が折れてしまうことになれば
大変な手術と歩行困難というリスクが待っています

先生とじっくりと相談し
寛骨臼を守ることを最優先し
1週間~10日ほどはこのまま安静の状態にしておき
(その間に貧血をできるだけ改善させる)
タイミングを見て仙腸関節を戻す手術をしようということになりました

2015051905 
こぶりなピュア君は体重2.15kg
感染症検査の結果 エイズの陽性であることが分かりました
かなり脱水していて目のくぼみも気になります

手術の予定日はまだ見えませんが
動物病院へしばらくお世話になることにしています

5月に入ってからも負傷猫の保護が多く
医療費がだんだん心配になってきてはいますが
困った時には呼びかけさせていただきますので
その時は温かいご支援をよろしくお願いします


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2015.05.19 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!