永遠の眠り

2015040401 
今日(昨日)の夕方
病院へどこさちゃんを迎えに行きました

変わり果てた姿
私が知っている彼女の一週間の中で
一番穏やかな表情をしていました

わずかにみえる澄んだ瞳
最後に会った日の険しい表情から一転していました

看護師さんと先生にお礼を告げ
沢山の仲間が待つ葬儀場へと送り出しています

センターの職員さんに報告した時に聞きました
毎年2、3月は1年の中でも一番負傷猫の収容が多く
その半数は命を落としてしまうと

繰り返す悲劇
幼い頃よく見かけていた野良犬が今は珍しい時代になったように
猫にもそんな時が訪れるのでしょうか

どこさちゃん
諦めずに頑張ってくれてありがとう
またいつか会える日が来るから
それまで待っていてね

どこさちゃんを応援してくださったみなさまにも
感謝しています


2015040402 
どこさちゃんと同じ病院で生きようと必死にもがいているさくら

今日(昨日)は担当の看護師さんが
「モリモリ食べてます!」と笑顔で話してくれました

実際に会ってみるとこんな感じで
見たとこら何も変わってないようで不安定な状況に変わりはありません

それでも自力でご飯を食べるなんて驚異的な生命力の持ち主なのかも知れません

右の後肢かかとから下のブラブラだった部分は
冷たくて色も悪く壊死が進んでいるようです
同じく右の前脚も冷たくかなり厳しい状況だと先生と看護師さん

唯一包帯を巻いてない左後ろ脚を触ると
低体温を脱したと実感できるほどの温かさが伝わってきました

相変わらず名前を呼んでも鳴いて応えるだけで
お顔は上げてくれませんが
僅かながら希望の光を感じています

どこさちゃんの分まで生きんといかんよ!
明日は仕事になったので会いに行けそうになく
最短で来週の火曜日に面会ができそうです

病院には引き続き電話で容態を確認していきます

がんばれさくら!
そして満開の花を咲かせようね


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2015.04.04 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!