悲しいクリスマス

2014122601 
昨日は一年で最もにぎわうクリスマス
そんなワクワクする日にも
過酷な日常を送る動物たちにとって悲劇は訪れます

昨日のセンター訪問
偶然にも検査室から先に入らせてもらったところ
瀕死の子猫が目に飛び込んできました

「今日収容された時は痛みで苦しそうにしてたのにこんなに衰弱するなんて。。。」
そう言いながら慌てて抱き上げる職員さんに
迷わす引き取りを決意し
急いで湯たんぽや段ボールを準備してもらい病院へ急行しました

2014122602 
段ボールへ移すときには既に神経麻痺が起きていました
もうダメかも知れない...
時折聞かせてくれる力ない声を頼りに
40分間無心でハンドルを握りました

2014122603 
推定生後3ヵ月ほどのイルミちゃん
センターでは右大腿骨骨折の確認はできていました
事故に遭った時に内臓にもダメージを受けてる可能性が十分にあるため
エコー検査を受けたところ
やはり腹部に水(液体)がたまっていることが分かりました

2014122604 
酷い衰弱による脱水や低体温
糸のようになった静脈からの留置針を取ることは難しい
ましてや手術なんて不可能

冷たくなった体温を上げるため保育器に入れてもらい
奇跡にかけるしか出来ることはありませんでした

こうしている間にもみるみる容体は悪化し
病院をあとにするころには口を大きく開いて必死で酸素を取りこもうとするイルミちゃん

がんばれ
生きるんだよ

帰宅してからもずっとイルミちゃんの姿を思い出し
あんなに辛そうな状態の子が息を吹き返したことなんて経験ない
遅かったかな
とか最悪の結末を考えては搔き消して
奇跡を信じようと祈り続けていましたが

残念ながら病院を去った1時間後には
静かに息を引きとってしまいました

こうして何気ない生活を送る日々の中で
いったいどれだけの猫たちが悲劇に襲われているのでしょう

2014122605 
クリスマスイブに収容されたイブちゃん
下半身が麻痺

2014122606 
同じくイブに収容された酷い風邪の聖子ちゃん

2014122607 
イルミちゃんと同じクリスマスに収容されたホーリーちゃんも
骨盤を骨折し首の後ろを3ヶ所咬まれたような傷があり
食欲なくぐったりしています

昨日はイルミちゃんを引き取るため
検査室の猫たちに会うだけでセンター訪問が終わってしまいました

センターは明日から閉館となり長いお休みに入ります
1匹ずつ猫も犬も見学できなかったのが残念
明日からも元旦以外は毎日職員さんが当番でお世話に行かれるそうなので
閉館している間も出来る限り連絡をとっていきたいと思います

罪のない動物たちが安心して暮らせる社会がくることを
願ってやみません

そのためにも
もっともっと熊本もTNR活動をサポートする県や市の体制強化が
大きなカギを握っていると強く思いますし
行政も市民と連携し変えていくことを強く望んでいます


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送って欲しい

・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.12.26 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!