センターからのSOS

2014100901 
昨日のお昼前にセンターから
収容されたばかりの負傷猫の写真が届きました

開いた瞬間
体が凍りつきました。。。

今、重症の負傷猫が来ました。
交通事故かバンバーかは不明ですが、事故から随分時間が経過しているようで
右後ろ足は脱臼後関節固定され、先は腐って曲がっています。
腹部と耳の皮膚がタダれて剥がれ落ちてます。
風邪もひいていて右目が目ヤニ+白濁。
今、応急処置していますが、かなりひどいです。


すぐさまにゃぶ子さんに連絡をして夕方のセンター訪問の段取りをして
センター訪問はにゃぶ子さんに任せることにして
私はセンターから負傷猫を引き取りとんぼ返りで病院へ急ぎました

2014100902 
センターから病院までの車中
音も鳴き声すらも聞こえてこなくて不安と焦る気持ちでハンドルを握りましたが
病院へ着いて段ボールを開けてみると。。。
ちゃんと頑張っててくれました・泣

2014100903 
まずは診察台で先生に診てもらいます

右目は完全に機能を失い炎症を起こして眼球が腫れています
これはお薬の効果で徐々に小さくしぼんでいくだろうとのこと
経過を見て必要に応じ眼球摘出の処置を受けます

2014100904 
口の中を開けてみると
舌は潰瘍だらけ
カリシウィルスに感染しているようで
これじゃ口が痛くて食べられません

2014100905 
一番気になっていた右後ろ脚の状態はというと
大腿骨の骨折と骨盤からの脱臼
膝の骨も折れてるし膝下の骨もあり得ない方向に折れ曲がり
脚先がなくなっていました
排泄に影響する骨盤の形も微妙に押され狭くなっているように見えます

腹壁や横隔膜のヘルニアも心配しましたがとりあえず大丈夫
お腹の中には砂のような不純物がいっぱい
空腹を満たすため必死でなんでも飲み込んでいたのかも知れません。。。

2014100906 
お腹の皮膚も広範囲で欠損し
左耳も破れて一部なくなっていました

2014100907 
こんなにダメージを受けながらよくがんばってくれたね
キミの名前は皆既月食にちなんでルナ君にしよう!

骨折し激しく変形し固定された右の後ろ脚は修復不可能
体調をみて切断することになりました

生後推定4ヵ月のルナ君
体重はたったの900gしかありません

痛みと恐怖でいっぱいなはずなのに
抱き上げると
まるでほっと安心したかのようにおててをグーパーしてくれました

ここに来ればもう大丈夫
あとは好きなだけご飯食べてゆっくり休んでね^^

しばらくは油断できない状況が続きますが
病院と連絡を取りながら経過の報告をさせていただきます

それからみなさまにお願いです
入院と治療が必要なルナ君のために
支援金のサポートをよろしくお願いします
予算がギリギリの状態が続いていますので
ご協力いただけましたら幸いです


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

2014.10.09 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!