センターの猫たち

2014082101
おとといの熊本市動物愛護センター
8月に入ってからまとまった乳飲み子の収容が落ち着き
収容数は56匹と減少傾向にあります

上の子たちは飼い主の飼養放棄により持ち込まれた14匹のうちの2匹
スト君とポール君

2014082102 
幸ちゃんとさっくー君(はトイレ中)

2014082103 
パーク君と黒い森羅ちゃん

2014082104 
真白なちいちゃん

2014082105 
検査室で真菌の治療を終えたキキ&ララきょうだい

2014082106 
ソーダ君

2014082107 
パリちゃん

2014082108 
下半身不全だったくわ君

2014082109 
愛護棟で出逢いを待つデリー・シンガ・パウロ君

2014082110 
人間を全く寄せ付けなかったキューちゃん
ここ最近は職員さんからのタッチを受け入れてくれるようになりました

2014082111 
ウビ君

2014082112 
ポッター君はセンターで一番収容期間が長く
今月5日で丸1年になります

2014082113 
愛護棟の入院室にはマロンちゃんと4匹の赤ちゃんたち

2014082114 
検査室の収容は梅君を入れて20匹にのぼります
新たな収容も相次ぎ病気の治療などで職員さんたちの手もなかなか回りません

2014082115 
ベイ太君はほっぺに膿が溜まり腫れていたそうですが
切開して出してもらっています
歯肉炎が影響する場合もあるので繰り返さないか心配です

2014082116 
イケ子ちゃんは相変わらず寝てばっかり
名前を呼ぶとちゃんとお返事してくれます

2014082117 
下半身不全のトミーちゃん

2014082118 
怖がりなりゃー君

2014082119 
こちらも臆病なデーブ君
食欲が減退ぎみです

2014082120 
わん君は真菌の治療中

2014082121 
サターン&マース兄弟も真菌治療中

2014082122 
怖がりなちから君

2014082123 
真菌治療中のげん君

2014082124 
レーク君も上に同じ

2014082126 
黒いクラリネット君と右のフルートちゃん
奥にはサビ柄のピッコロちゃん
こちらも真菌の治療を受けほぼ完治しています

2014082127 
15日に新たに収容されたツッキー君
保護された時にはかなり弱っていましたが
自力でご飯を食べて頑張っています

2014082128 
彼には生まれつきと思われる後肢の異常が見られます
右の後ろ脚のひざ下が異常に短く小さな肉球と爪が1本だけ生えています
歩行には影響なさそうなのでこのまましっかり栄養がついていけば
譲渡対象にしてもらえると思います

2014082129 
そして同じく15日に収容されたトトちゃん
左後肢に大きな穴が開いてるのが分かりますか?
骨折しているようでブラブラ
ほとんど使えないようです

2014082130 
収容された当初はクリーム色の膿がびったりとこびりついていたそうです
その後は検査室で毎日洗浄をしてもらい
抗生剤と軟膏を使いながらがセンターでの精一杯

にゃぶ子さんと相談して一時保護を決め
早速今日の朝からマリンママさんがセンターへ迎えに行って
病院へと連れてってくれています
次の日記でご報告させていただきます

2014082131 
とうや君は風邪の症状がありましたがほぼ完治

2014082132 
ミンミン君

2014082133 
犬舎奥の焼却炉スペースにははちこちゃん
疥癬ダニが疑われ治療を受けています

検査室に収容されていた成猫のキング君が
センターで亡くなっています

また長く気になっていた愛護棟のヌーマ君
(なぜか写真をアップしそびれてます・泣)
彼も今日の朝からトトちゃんと一緒に一時保護し
後肢の骨折の経過観察と手術を視野に入れ
病院へ預けています

長期間の保護が難しくても治療が必要な子たちへの支援はできる

みなさまからいただいた温かいご支援を頼りに
支援金の残高と相談しながらサポートをしていきたいと思います

トトちゃんとヌーマ君の診察については
次回の日記でご報告させていただきます


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg

・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.08.22 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!