負傷猫が止まらない

2014071001
今週立て続けに収容された負傷子猫たち
 
左の子は酷い衰弱でガリガリに痩せています
右の黒い子は顔面を負傷し鼻血が出て顔の形が変形していました
左に旋回するように歩き
意味もなく威嚇したり大きな声で鳴き続けたりします

昨日はまたもやセンターから連れ帰ってしまいました

2014071002 
顔面強打したセシルちゃん
推定3ヵ月ほどの女の子で体重900g
(仮誕生日は4月9日)

センターから病院へ向かう車中も
段ボールの中でゴソゴソと動き回る音がしていたので
ずっともがいていたようです

2014071003 
診察では
下顎が喉に向かって押し込むようにずれていました
その影響なのか両頬も腫れているようです
下顎の犬歯が上顎に食い込み傷つけていたため下顎の犬歯(乳歯)をカット

2014071004 
体は硬直し視力はあるものの目は点で表情も硬く
パタリと倒れたまま鳴いていました。。。

顔面に受けたダメージを少しでも修復させるための抗生剤の注射を開始し
病院で強制給餌をしてもらいながら経過を観察していくことになりました

2014071005 
もう1匹はラビちゃん
風邪の影響なのか衰弱がかなり進んでいます

すぐに静脈をとり点滴の準備
36.7℃とかなりの低体温なので保育器に入れてもらいました

2014071006 
推定生後2ヵ月半ながら体重はわずか600g
(仮誕生日は4月25日)

流動食すら受け付けてくれない時には
鼻からチューブを挿入し高栄養パウダーで命を繋いでいきます


センターにこんなに収容されているのですから
気づかれずに苦しんでいる子たちもたくさんいるのでしょうね。。。
心が痛みます

チームには出し頃の子猫たちがたくさんいますので
13日のカローラ譲渡会はがんばって幸せを探さなきゃ
次に待つ子たちのためにも
気合いだvv


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg

・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.07.10 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!