センターの子猫

2014070601 
4日(金)の夕方にセンターから気になっていた子猫を保護してきました

2日(水)に検査室で出逢った時には
顔面を強打し顔中が腫れ上がっていました
意識レベルも低くご飯に全く反応せず職員さんに強制給餌してもらいながら
なんとか凌いでいました

生後推定2ヵ月(5月4日生まれ)
体重は650gの女の子

2014070602 
お顔の腫れは随分引いていましたが
健常な子とは程遠い動きや反応を示します

センターに収容されている猫や犬たちの世話に追われ
自力で食べれない子に手が回らない現実に
なんとか自立できるまでになって欲しいと
ご飯を食べれるようになるまで病院で預かっていただくことにしました

今のところチームでの保護が難しいため
センターからの一時保護という形をとっています

名前を確認するのを忘れてしまいましたので
また追ってご報告させていただきます

2014070603 
入れ替わりで入院していたミラー君(手前)とあこちゃんを
退院させにゃわんハウスへ連れ帰っています

ミラー君は首から下が麻痺していました
保護中は24時間点滴と抗生剤の注射を続けていただき
1週間で身体を起こせるまでに快復しています

昨日からは補液をストップし抗生剤の飲み薬を処方してもらい
引き続き自宅療養となりました

2014070604 
お口が45度近く開いたままだったあこちゃん
脱臼を戻す処置をしていただきましたが
幼い猫の骨は脆いため完全に戻すことが難しく
少々下顎がずれていますがほぼ完璧に口を閉じれるまで修復していただきました
舌はいつもちょこっと出たままだけど。。。汗

ご飯もしっかり食べてくれるし元気いっぱいなので
グングン成長してくれることでしょう^^

2014070605 
チビさんちで腕の皮膚の治療を受けていたすみれちゃん
皮膚再生を目指しお腹の皮膚移植の手術を4日に受け
無事に終了し週明けまでの予定で入院しています

2014070606 
皮膚を失った左手の一部はお腹の中に収まり
2週間かけて患部を洗浄しながら定着を待ちます
その後 再び手術を受けお腹から腕を取り出せば移植完了
成功率は100%ではないそうですが
3ヵ月がんばってきた洗浄&軟膏ラッピング処置にも限界がきていましたので
最後の手段でもあります

月曜日にはチビさんがお迎えに行ってくれます

2014070607 
ぱむママさんちで穏やかな余生を過ごすまぁばあちゃん

昨年末から徐々に痩せてきて
今年に入ってからいよいよ歩けなくなり寝たきりの生活を送っています
腎臓の機能が低下し毎日お薬を飲んでいましたが
ここ数日でとうとうご飯を受け付けなくなり
昨日は病院で朝から夕方まで点滴を受けています

腎臓の数値がかなり悪いため皮下補液を始め
ご飯の工夫も今まで以上に必要になっています
まずは食べるものを
ぱむママさんと一緒に考えていきたいと思います

これから先の事を考えると切なく苦しくもありますが
まぁちゃんの表情はとっても穏やかで幸せそうでした
ぱむママさんがいつもそばにいてくれるから
不安なんてないもんね
まぁちゃんは本当に幸せです

2014070608 
にゃわんハウスで過ごしていた珠菜ちゃん
我が家には1歳以上離れたジン兄さんしか遊び相手がいなくて
ほぼ一人遊びばかりでエネルギーを持て余し
噛み癖も気になってきたので同級生のいるちありママさんに相談し
もう1匹預かってもらう事にしました

2014070609 
そして3日の夜にちありママさんちへ珠菜ちゃんを連れてGO!
お友達になってくれるのはイチコちゃんとニコ君

オトンと一緒に夕食をご馳走になってる間にも
すっかりお友達になってましたよ☆
子猫ってホントに順応力が豊かですね~
珠菜ちゃんも楽しそうでした

2014070610
そして同じくにゃわんハウスで過ごしていたゆり&ゆい姉妹
(右はジン兄さん)
にゃわんハウスに新入りにゃんこがやってきたので
杏子ママさんちにお引越しをさせました
姉妹のおうちにはどん先輩が過ごしています

ゆりちゃんの左眼の手術も控えていますので
また詳しくご報告させていただきます


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg

・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ 
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.07.06 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!