センターの犬たち

2014022801 
熊本市動物愛護センターには78頭にのぼる犬達が収容されています
(26日現在)

収容されている犬達は檻に入りきれず
檻の奥の通路に7頭の犬が係留されています

2014022802 
3本脚のニッキーちゃん
彼女は2011年10月からここで生きています
初対面の人には怯えてしまいますので時間が必要ですが
信頼関係を築けばとっても従順な家族になってくれます

2014022803 
子犬のミッフィーちゃん

2014022804 
おさむ君

2014022805 
左は子犬の大吉君で右はセダー君
奥のはっちゃんは昨年7月にセンターへやってきました

2014022806 
タール君

2014022807 
収容最長のもふ君は推定5~7歳
もう4年以上ここにいます

2014022808 
収容丸1年になるロタス君と奥のディズコちゃん

2014022809 
大型サイズのたまお君

2014022810 
うえじぃ君

2014022811 
レオン君

2014022812 
グレテリ君

2014022813 
プードルのきんりゅー君

2014022814 
テリア系のフリース君と右の研二君

2014022815 
シーズーのゴン太君

2014022816 
いつも無表情のクララちゃんと右はちゃおちゃん

2014022817 
21日に新たに収容されたばかりの小型犬
左はペキニーズ?のテンコーちゃんと右はフレンチブルのカーサちゃん

先週まで収容されていた若い方のシーズどんぐり君と
コッカーのクラッカー君が21日に
中型サイズの白いあやこちゃんとダックスのマルシェ君が26日に
それぞれ新しい飼い主さんに譲渡されています
みんなみんな幸せになりますように。。。
迎えて下さったご家族のみなさま ありがとうございました

2014022818 
リッチ君は昨年10月にセンターへやってきました

2014022819 
横になっているぷっと君とおのじぃ君

2014022820  
れんこんちゃんと

2014022821 
2年前の10月に飼い主の手で持ち込まれてマロウ君

2014022822 
検査室には皮膚炎のケアをしてもらっているファーム君

2014022823 
手前がヒロム君で奥がタズー君

先週までこの検査室で頑張っていた会陰(えいん)ヘルニアのカウ君がいませんでした
職員さんに尋ねると 今週月曜日に体調を壊し
水曜日に死亡したとのことでした。。。

フリマの収支をみて治療に踏み切ろうと心に決めていたのですが
彼の命にそんな時間は残されていませんでした
死因は不明ですが心臓の病気だった可能性が高いと仰っていました
受け皿がいくらでもあれば もう少し早く着手できてたかもしれないのに。。。
後悔したって時間が巻き戻って彼が帰ってくる訳でもないのに

無力感だけが心を締めつけました

そして検査室では新たに収容された犬と出逢います

2014022824 
大きな身体
体重は成人の女性と変わらないほど大きくがっしりとしています
(かなり痩せこけていますが)

2014022825 
土佐犬系とみられるメスの成犬
推定3~5歳だと思われます

彼女は戸島のどこかに(忘れました)トラロープで係留されていたところを
センターに通報があり捕獲に行ったそうです

後肢と尻尾の皮膚炎が酷く
治療を受ける為カラーをしてもらっています

そして立ち上がると。。。

2014022826 
長くだらりと伸びた乳首
その一部は真っ黒に変色し壊死をしているようだと職員さんから聞いています

繁殖を目的とし飼養されていた子なのでしょうか。。。
推定年齢も若く人間にはとても慣れているそうなので
どうか処分だけは免れてくれることを祈るのみ

彼女を助けてください!とは言えませんが
大型サイズの飼養経験がある方
特に土佐系の知識が豊富な方に迎えていただけないでしょうか

毎年数回見かける土佐系の犬達の殆どは殺処分を余儀なくされています
示されたままに生きるしかできなかった犬達

どうかもう一度チャンスを与えて下さい


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.02.28 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!