センターの猫たち

2014022001 
熊本市動物愛護センターへ収容されている猫たち
昨日現在で11匹と先週から1匹増えている計算です

先週末には新たに2匹の猫が収容され
1匹オーバちゃんはチーム保護後に亡くなってしまいました

そしてもう1匹の子は検査室に収容されていました

2014022002 
譲渡対象の猫たちは事務所受付のケージに6匹

1枚目の写真はタビーちゃん
そして2枚目はちょっぴり怖がりのクリン君

2014022003 
さとし君と

2014022004 
なごみ君兄弟は寒い寒い焼却炉スペースから移動しています
2匹はセンターで1年半もがんばっていますので
子猫が収容される時期が来る前に何とか譲渡先が見つかることを祈っています

2014022005 
ポッター君もようやく焼却炉スペースから移動してもらえました
手を差し伸べると警戒して引っ込んでしまいますが
時間をかけて優しく接してあげればすぐに慣れてくれると思います

2014022006 
風邪の治療が一段落したスチーム君は検査室から譲渡対象へ
生後半年以上はあるというのにかなり小ぶりな男の子です
引き続きおめめのケアをしてくれる方のお迎えを待っています

2014022007 
検査室にはとっしー君をはじめ
5匹の猫たちが幸せを目指して頑張っています

とっしー君にゃおにゃお言って挨拶してくれるまでになりました
表情もやわらかくなり半年前とはまるで別猫ちゃんのようです

見た目元気に見えますが
彼の収容のきっかけは事故に遭ったと思われる大怪我
左の前脚と後脚に湾曲した部分がありますので
一度病院で詳細を調べてあげる必要があります
(日常の生活には全く支障はありません)

2014022008 
下半身麻痺のお通ちゃん
圧迫排泄を1日1、2回してあげれば全く手のかからないおりこうさんです

2014022009 
私たち人間のことも大好きで
いつも扉の前まで来てご挨拶してくれます

下半身麻痺は痛々しいハンデかもしれませんが
ある意味トイレもいらないし粗相もしない私たちにとってみると
手のかからない子という存在です
ですが世の中の現実は厳しく
私たちが想像する以上にハードルが高いことに
やりきれない気持ちになることもさすがにあります。。。

それでも「お通ちゃんが」「とっしー君が」と言ってくれる家族へと
どこかできっと繋がっていると信じて
これからも最後まで家族を探していきます

ハンデを持つ子は県外への譲渡も行っていますので
気になる方がいらっしゃいましたら
ご連絡をお待ちしています

2014022010 
もうきん(野田)ちゃん
彼女もあいさつ代わりの猫パンチが長く続き
なかなか譲渡の対象にしてもらえないでいるのですが。。。

2014022011 
彼女にも心の変化が見え始めています
職員さんからナデナデしてもらうのが大好きなのに
自分から決して近寄ることはない。。。
まさに究極のツンデレお嬢様
トライアル1ヵ月の覚悟で気長に引きうけて下さる方のお迎えを待っています

2014022012 
食欲はあるのにほぼ寝たきりのソチ君
なにかしらの麻痺があるのかオシッコやウンチの回数が少なく
職員さんにお腹をマッサージしてもらうと
つられて排泄ポーズをとるとともに大も小も出してくれるそうです

2014022013 
確かに風邪をひいていたため結膜の癒着がありそうです
抱っこすると不安そうに左右をキョロキョロ
床に立たせるとふらつきながらも慌ててマイケージに帰っていきます

一時保護をずっと考えている子なのですが
昨日も引き取れないままです

2014022014 
もう1匹気になる子がいました

生後4ヵ月程の子猫で
風邪の後遺症により右目の瞬膜が眼球をすっぽり覆っていましたので
昨日の夕方からセンターから預かっています


2014022015 
センターからその足で病院へ

先週末に収容されてから食欲が徐々に出ていると聞いています
名前はチョコちゃん
収容された日のバレンタインデーにちなんで付けてもらったそうです

2014022016 
右目の様子
右目の瞬膜と上の結膜が完全にくっついて
瞳をすっぽりと覆っていました

診察の結果 覆いかぶさっている膜と角膜に癒着がなさそうだったので
癒着している膜を切り離す手術をお願いすることにしました

生後推定4ヵ月(誕生日は10月20日)
体重1.2kgの三毛柄の可愛い女の子です

今日の手術がうまくいけば夕方には退院できると聞いていますので
マリンママさんにお願いして明日の午前中にお迎えに行くことにしました

人懐っこい性格なので
元気になれば新しい家族も見つかりそうです^^
がんばれチョコちゃん!
早く元気になりますように


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・a/d缶(処方食)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2014.02.20 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!