まだの子ともうすぐの子たち

2013111601 
今月3日にセンターから一時保護しているラムちゃん
保護日記はコチラ

入院しながらの皮膚の再生治療中です

2013111602 
怪我が一番酷くて皮膚の割けも激しかった左手首近くもこの通り
ここの皮膚が寄ってしまえば退院なのですが
残念ながらこのまま保護は難しいためセンターへ返還することになります

性格は怖がりで看護師さんにもまだゴロゴロ音は聞かせてくれないそうです
毛艶も良くていってもまだ1歳だろうという若さ
時間をかけて歩み寄りを待ってくれる気の長い飼い主さんを募集しています

このまま幸せを掴むことができますように...
ラムちゃんを宜しくお願いします

2013111603 
同じ病院にお世話になっているパックーちゃん
後肢の膝部分の骨膜炎がなかなか快復せず
緊急保護をした5匹のうち一番治療に時間がかかっています

昨日はマリンママさんとのんちゃんがお見舞いしてくれて
送ってくれた写真がコチラ↑
とってもおりこうさんでずっとお膝に抱かれてくれたそうです^^

おかげさまで骨膜炎の治療にゴールが見えてきて
内部からの膿は完全に止まり
取り外したドレーンの差し込み口の皮膚の寄りを待つのみとなっています
綺麗に塞がれば退院OK!
12月の譲渡に何とか間に合いそうで良かった^^
パックーちゃんはかつて検査室で一緒に過ごしたパクちゃんと一緒に
大阪にお住まいのご家族の元へと迎えていただくことになりました
パクちゃんとパックーちゃん...
仮名ながら何だか運命を感じたりして・笑

2013111604 
うめママさんちに居候中のトロ君
ママさんからのご報告です

保護した時の日記はコチラ

2013111606 
前脚が麻痺しているトロ君。
少し弱くはありますが、後ろ脚は元気に動くので、
ケージの隙間に脚を挟まないよう、ケージの下をプラスチックで覆ってある
少しでも安全な“ラビットケージ”を使っています。 

2013111605 
また、後ろ脚で立ちあがろうとしてはバタッッと倒れてしまうので
頭を強打しないよう、段ボールに
発砲スチロールのような?ゴムのような?弾力のある素材を貼り付け、
それをケージ内に取りつけ、安全を図っています。

そんなトロ君。
抱っこしてお腹をこちょこちょしてた時、
なんと前脚で、私の手を触ろうとしたのです!
麻痺していた前脚は、確実に回復に向かっています。

また今月3日に無事にお見合いを済ませています。
とても優しい、素敵なご夫婦で、可愛いトロ君にお二人ともメロメロ!
私まで嬉しくなりました。
そのお二人の前で、ふらつきながらも歩く姿をご披露するまでの回復ぶりです。

病院で先生にも診て頂きましたが
あまりの回復ぶりに、先生も看護士さんも拍手喝さいでした(笑)
あと少しで首のコルセットも取れる予定です。

もう少し、もう少しがんばろうね、トロ君。

トロ君は熊本市内にお住まいの飼い主さんにトライアルが決定しています
コルセットが取れるのを待ってから日取りが決まります

2013111607 
(多分)チーム最年長のハリーおじさん・笑
おとといマリンママさんちにお邪魔した時の彼
リビング生活にも随分慣れてきました

お洋服も似合ってるね^^

2013111608 
彼が最も気になっているのが 夕食のおでん・爆
お鼻をクンクンしながらずいずいと迫ってきます
(ハリー君のお外での生活を想像して泣けてきました)

右奥ではあずま君がお外を眺めています

2013111609 
すると おトイレに入っておしっこをご披露してくれましたよ~
(それを眺めてるのは夕太君・笑)
あずま君は下半身不全でオムツをつけていましたが
トイレに行きたがる素振りを見逃さなかったマリンママさん
思いきって外してあげると
オシッコもウンチもちゃんとトイレで済ませてくれるようになりました
(食道炎もほぼ完治していますvv)

これなら新しい飼い主さんも安心^^
後肢は不自由なので前脚だけでの移動になるため
大人用の広いトイレじゃないと外してしまうことがあるけれど
自分のタイミングでできるから安心だね~

あずま君はハリー君と一緒に12月上旬に東京方面へと向かいます
残り少ない熊本での生活を快適に過ごすことができますように

2013111610 
おとといはチヂミちゃんもマリンママさんちにお邪魔しました
目的はトリマーの次男さんにシャンプーしてもらうため
週一ペースでお願いしててとっても助かっています☆

8月にセンターから引き取ってからにゃわんハウスで3ヵ月間過ごしていましたが
昨日の夜から莉緒さんちにお引越しをしました
我が家は殆んど人がいないので莉緒さんちなら基本おうちにいるし
ダックスのノエルちゃんもお友達になってくれそう^^

推定12歳のチヂミちゃん
熱中症で動けなくなってた時は余命いくばくもないと覚悟を決めてしまいましたが
すっかり元気を取り戻して日常生活を快適に過ごしています
白内障や肝臓の数値など気になる事はありつつも
穏やかな余生を過ごすことが何よりも大切なので
このままチームの子として最期まで面倒を見ていきたいと思っています

莉緒さん よろしくね♪
にゃわんハウスはちょっぴり寂しくなったけれど
ちょいちょい会いに行くから


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.11.16 | | 飼主さん募集

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!