苦痛に耐える子猫たち

2013101901 
昨日センターから連絡を受けていた負傷した子猫ちゃん
引き取って来てしまいました

昨日は午後の仕事が仕事にならんほど悩み抜いた・泣
そして最終的には保護中のハリー君へいただいた未来の家族からのご連絡が
迷っていた私の背中を押してくれました

迷ってる間にも苦しんでる子たちがいる。。。

2013101902 
夕方センターへ迎えに行くと
痛々しい患部には軟膏を塗布しラップと包帯で包む処置をしてもらっていました

2013101903 
診察台で包帯をゆっくりはずしてもらうと
にわかに腐敗臭が鼻をつき診察室中に漂いました

交通事故に間違いないだろうと先生
骨折はなく足を触るだけで火がついたように叫びます

内側も腿の皮膚は剥がれ失っていました
外側には皮膚が残っていたものの肉組織から完全に離れ
めくってみるとどこまででも化膿した肉が見えてきます
事故から1、2日が経過とは思えないほど酷く化膿が進み
内外ともに皮膚の欠損が激しく
治療しても皮膚の寄りは期待できそうにないとの見解でした

体重950g
推定月齢は3ヵ月ほど(推定誕生日は7月18日に決定)

幼い命を繋ぐことを最優先し
足の付け根からごっそり脱脚する手術を受ける事に決めました

2013101904 
血液検査の結果 脱水や貧血が進んでいたため
まずは体力作りのために強制給餌からスタート
手術を乗り切れる体力がつくまで後肢は軟膏塗布と包帯を巻き
これ以上悪化しないよう抗生剤の注射と点滴を受けます

a/d缶でもやっぱり食べてくれませんでしたが
先生に口に入れてもらうと飲みこんでくれます
食欲が出るといいな...

週明けには元気になって手術を乗り切ってくれると信じています


2013101905 
くぼ君を迎えに行った時 検査室に新たに収容されていた子猫
首から下が麻痺し横たわっている姿を見て置いて帰れませんでした・泣

2013101906 
トロ君を診察台に乗せるなり
「あら、どうしてこうなった?」と先生
渡鹿(町名)の道路で車に撥ねられたという情報を先生に伝え
レントゲン検査で脊椎の写真を撮ることになりました

麻痺は一時的なものであって欲しい
祈る思いでレントゲン検査の結果を待つこと5分少々。。。

2013101907 
トロ君の首の写真
上から1番目の骨が折れてる...
一瞬目の前が真っ白になりました 

2013101908 
前脚はほぼ麻痺で後肢は動かすことができるし
四肢ともに痛みの感覚はある
安静にしておくことで快復の可能性はあると先生が仰ってくれましたので 
彼の快復力を信じてそのまま病院で預かってもらうことにしました

2013101909 
絶対安静!
ギブス用の材料を使って早速首のコルセットを作ってもらいました^^
(トロ君は相当嫌がってた・汗)

体重たったの550g 推定2ヵ月の男の子(誕生日は8月18日)
こんなに小さな身体で良くがんばってくれたね
きっとまた歩けるようになるから!
きっとね。。。


くぼ君とトロ君にも新しい飼い主さんを探さないといけません
次から次へと持ち込まれる傷ついた猫たちの姿に
心がいくつあっても足りないほど折れてしまいそうですが
生きることを幸せになることを諦めない猫たちのためにも
新しい飼い主さんを探してみます!

2匹のこれからも出来る限りご報告していきますので
もしも気にかけて下さるご家族がいらっしゃいましたら
ご連絡をお待ちしています

----------------------------------------

今日の日記はハリー達のお見舞いまで辿りつけませんでした・泣
もう少々お待ちください!


◆緊急 飼い主さん募集◆

熊本市動物愛護センターより一時保護している
下半身麻痺を負った3匹の猫に家族を探しています

ハリー君とパックーちゃんの日記
名無しの子猫君の日記
3匹の治療経過


日々のオムツ交換が必要で
人間の手助けなしに生きていけません

当方での保護が限界に達していますので
治療後の引き取りが困難となっています

センターに帰るしかない運命を翻し
笑顔で抱きしめてくれる家族を待っています

※ハリー君とあずま(旧 名無し)君には新しい飼い主さんがほぼ決定!
 残るパックーちゃんの飼い主さんを募集しています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(子犬用)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.10.20 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!