葵の譲渡

2013092401 
昨年9月11日にマリンママさんちの葵ちゃんを新しい家族に迎えてくれたのは
神奈川県相模原市南区にお住まいのIさん

首から下の麻痺で動けないまま
熊本市動物愛護センターに収容されていた彼女を見つけてくれました

2013092402 
熊本からはるばる飛行機に乗って羽田空港へ

一緒に連れて行った 故かつおちゃんと 故ハナちゃんを
先に犬猫救済の輪さんで降ろし
葵ちゃんを連れてIさんの待つマンションへと向かいました

長旅よく頑張ったね 

2013092403 
キャリーからなかなか出て来なかった葵ちゃん

抱っこして出すと不安そうにフラフラしながら隠れ場所を探します

2013092404 
そして落ち着いたのがケージ横のスペース
不安だよね・泣

2013092405 
葵ちゃんが横たわっているケージには
息を凝らして存在を隠す先住猫ちゃんの梵(ぼん)君
はじめまして!
可愛い妹を宜しくね♪

2013092406 
葵ちゃんの新しいお部屋
ママさんがお仕事に出かける時はケージの中でお留守番をしてもらいます

譲渡から1年
ふらついていた足取りもしっかりして3段ケージにも登れるようになったようです
猫の回復力の素晴らしいですね
活動を通して幾度となく感動をもらっています

諦めない 信じ続けること
純粋な心を持つ動物達からいつも心が救われています

2013092407 
葵をI熊本市動物愛護センターからレスキューしたのは2012年7月のこと
レスキュー日記はコチラ

センターからの一時保護っ子としてすずり君と一緒にチームへやってきました
間もなく Iさんからご連絡をいただいて奇跡的な出逢いを果たし
センターへの返還を免れ幸せのチャンスを掴みました

2013092408 
病院を退院してマリンママ家で療養生活を送ります

2013092409 
巣立ちまでの1ヵ月半の居候生活の中でも
日に日に快復を見せてくれるようになります

2013092410 
ご飯だって一人で上手に食べれるようになったよね...
生きるために必死に食べようとする姿に
もっと頑張れる!エネルギーをいっぱいもらいました

葵ちゃんホントに良かったね☆
なかなか会いに行ける距離じゃないけれど
遠い熊本の空からあなたの幸せと健康を祈っています
またいつか会いたいね

旅立ちへと送り出してくれたマリンママさんの日記より

2013092411 
葵ちゃんに会ったのは、病院にお迎えに行った日が初めてでしたね。
それまで毎日の様に通院していたのに、あなたには会えませんでした。
会う勇気がありませんでした。

「三毛ちゃんは、もう少しでセンターに帰ってしまう。」そう思うと、会えませんでした。


2013092412 
でも、神様と神奈川のママさんのお陰で葵ちゃんに会えました。
1日1日、良くなっていく葵ちゃんに励まされ、頑張ってこれたよ。
カラーがとれたら、自分でご飯も食べれて。お水も飲んで。
ほんの2日前からトイレでウンチも出来て、歩いて、走って。
よく頑張りました。

葵ちゃん、幸せに。
ありがとう。


マリンママさん 短い間でしたがお世話になりました
葵ちゃんはママさん深い愛情を一生忘れないと思います
ありがとうございました

最後に
譲渡から間もなくIさんから届いたメールをご紹介します

2013092413 
【9月14日】
こんにちは、Iです。

その後の葵の様子をお知らせしますね。
12日にはトイレもクリアして、昨日くらいからゴハンも完食しています!
それと相部屋の梵が気になるようで、ケージの前の方で過ごすことが多くなっています。
梵も威嚇することもなく、相性はなかなかみたいです(^-^)

立ってゴハンを食べたがるので、
ケージに取り付けるタイプのフード入れを設置しようかなと考えています。
ゴロゴロはまだ控え目ですが、耳はちょっとずつ立ってきましたよ~!
以上、簡単ではありますが、最近の様子をお知らせしました。
またご連絡しますね(^o^)/


2013092414 
【10月15日】
葵の近況をお知らせしておきます。

葵は時々トイレの粗相はあるものの、
おおむね頑張って砂でおトイレしてくれています。
ですので、せっかく頂いたオムツも使用せずに過ごしています。
また、同部屋の梵のことがとても気になるらしく、
在宅時はケージから出しているのですが
その際は梵の後を一生懸命追いかけようとしたり、
手を伸ばして触ったり
(力の加減が上手く出来ずにパンチになってしまうこともあるのですが)
鼻チューの挨拶はよくしています。

逆に梵はあまり葵のことを気にせず、
流石にパンチをくらうと、
ちょっと軽いジャブ(でも葵には当たらないように空振り)を返していますが
関係性は良好と判断しています。 


2013092415 
また、人間に対してですが
なかなかデレてくることはないのですが、
それでも撫でられることは大好きのようで
撫でている時には手をグーパーしてくれます。
喉をごろごろさせるのは、とても機嫌がいい時限定のようです。
最近は、撫でていると控え目で可愛らしく一瞬だけ鳴き声を聞かせてくれたり、
お返しに手を舐めてくれます。
そういえばこの間は、初めて私の目の前でオシッコをしてくれました。
食欲も変わらずあり、オシッコ、ウンチともに問題ないです。

四肢の動きについては、あの時とあまり変化はありません。
思うに、先天的か後天的かは分かりませんが
脳に器質的障害を抱えているのかな…と考えています。
そうなるとCTかMRIでも撮らないと分かりませんし、
そこまでの身体的負担を彼女にかけるメリットも今のところ見当たらない為、
様子観察しています。
もし痙攣などの症状が頻回に出現するようであれば、
一度検査をした方が良いのかもしれませんね。
痙攣自体は、殆ど出現していませんが
脳疾患だとすればほぼ必須の症状でしょうから。


ざっとお話しすると、こんな感じでこのひと月を彼女と過ごしてきました。
ひとり暮らしであることや、多頭飼育であるため
彼女個人に割ける時間は限られてしまうのですが、
それでも彼女にとって居心地のよい空間と場所を提供して
一緒に暮らしていきたいと改めて感じています。

添付した写真は以前撮影したものなのですが
この頃はカメラを向けると緊張してしまう為、
あまり可愛い写真がありませんでした。
そろそろまた再チャレンジしようと思っています。
   

Iさん
お忙しい中 葵ちゃんの様子を知らせて下さってありがとうございます
首から下が麻痺し起き上がることすらできなかったというのに
日常生活が不自由なく送れるほどに快復しているようで
喜びと驚きと感動でいっぱいです

メールではなかなかお返事をしないままだったり
行き違いがあったりで色々とご迷惑をお掛けして済みませんでした

これからも葵ちゃんの事を宜しくお願いします
また東京方面に行く事があればご連絡させていただきますね^^

葵ちゃんを見つけてくれて本当にありがとうございました


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(犬用)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.09.24 | | 飼主さん決まりました

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!