保護っ子たちの近況

まずは先月28日に記録した日記の子たちについて

2013080301
 
センターから一時保護し診察の結果
扁平上皮癌であることが分かったリカちゃん

食欲が全くなく点滴と抗生剤に頼っていましたが
お陰様で先週末から食欲が出て少しずつ元気を取り戻しています

このままセンターへ戻してもケアには限界があります
収容された時からずっと心配してくれていたスタッフ莉緒さんが
うちで良ければと声をかけてくれて
ご主人を連れて病院に面会に来てくれました

ノラ気質を持つ上に失明している恐怖から身体を触るだけで敏感に反応し
手が出てきます

莉緒さんにはチーム卒の愛猫=源太郎君が病に倒れたばかり...
どうか無理だけはしてほしくないという気持ちと
センターへ返すよりも家庭でゆっくりと余生を過ごしてもらいたいという
複雑な思いでいましたが
幸いにも源太郎君が目覚ましい快復を見せてくれて
少しだけ余裕もできたと言ってくれたので
お願いすることにしました

ケージが何なのかも分からず時々出ようと暴れたりするため
怪我をしないための環境を作りが必要
リカちゃんにとってもお世話をする莉緒さんにとっても
ストレスの少ない工夫をしてもらう事になりました
退院は今月中旬の予定です

莉緒さんちにはチームの保護っ子が3匹居候しているので
明日の譲渡会で1匹でも決まるといいな...
頑張ります!!

そして リカちゃんのことを心配してくださったみなさま
彼女のおうちが決まりました
応援してくださってありがとうございました

2013080307 
死の淵からみごと生還した源太郎君!
源太郎君の病気についての日記はコチラ

胸水と肺炎 食欲不振で一時は本当に危険な状態に陥った彼ですが
莉緒さん夫婦に支えられ元気モリモリ快復中!

胸水も肺炎も治まっているのですが
一度胸に水が溜まると再発しやすいため
当面はステロイドの投薬を続けることになっています
これからも定期健診を受けながら体調をしっかり管理していかなければいけませんが
先週会った源ちゃんはふっくらとして 発病前と全く変わらない姿でした

ちょうど莉緒さんちにお邪魔させていただいてる時に
たまたま発見した右腿のハゲ
莉緒さんとよーく見てみると どうやら床ずれの痕??
触らないように念のためプチサイズのエリザベスカラーを装着
(さすが源ちゃん 全く動じない・笑 もう慣れっこなんだね☆)

いつもの天然源ちゃんに再会できてホント奇跡!

2013080302 
リカちゃんと同じ日記にも紹介していたホルちゃん
今週の月曜日に無事退院し マリンママさんちにお引越ししています
ホントは我が家に連れて帰るつもりでしたが
不在の多い夫婦なので心配だったのでしょう・汗
マリンママさんが預かりを申し出てくれましたvv

2013080303 
保護当初は首から下がまったく動かず
抗生剤の注射を続けても快復は今一つと心配した時期もありましたが
左前脚以外は動くようになっています

それでもやっぱり立ち上がりは到底無理そう

3週間続けてきた抗生剤の注射は退院を機に一旦やめて
マリンママさんちのリビングでリハビリがてら自由に動かせて
ゆっくり彼女なりのペースで快復してくれることを期待してみようと思います

2013080304 
6月にセンターからやってきたひじき先輩と仲良くクッションをシェア♪
2匹とも穏やかな性格ですぐに仲良くなりましたよ

ホルちゃんの頑張りをこれからもみんなで見守っていきます

2013080305 
杏子ママさんちの日向君も病と闘っています
彼の病状についての日記はコチラ

1日には検査の結果が出て 杏子ママさんから報告をもらっています

日向の血液塗抹検査の結果が出ました。

≪診断≫ 再生性貧血

≪所見≫
赤血球系には大小不同や多染性の再生像が見られました。
また有核赤血球の出現も見られることから貧血としては再生性を示しています。
ヘモプラズマ寄生体及びハインツ小体は認められません。
臨床的に失血が認められないのであれば、
免役介在性溶血性貧血あるいは物理的破壊、
またはヘモプラズマ感染(末梢への出現には周期性があるため)などを
検討する必要があると思われます。
白血球系には総白血球数は基準値内であり
白血球分布にも大きな異常は認められません。
ただちにリンパ種や白血病等を示唆する異常細胞の出現は認められず
また骨髄異形成症候群を示唆するような形態異常も観察されません。
また血小板の多くは大型であり塗抹上では凝集しています。

先生からわかりやすく説明がありました。
 ・赤血球はちゃんと造られているが自分で壊している。
 ・赤血球に寄生し、溶血を起こすヘモプラズマは今回は確認されないが
  感染していてもたまたま確認できないこともある。
 ・ネギ類の中毒による物でもない。
 ・今回は白血球の異常は認められない。
 ・血液を凝固させる血小板の異常なし。  等々

先日輸血した血液まで溶血しているようで、血色素尿が2~3回確認されています。
ステロイドだけでは止められないようです。
食事も摂れていたのですが今日はまた食欲ややダウン。
溶血は脾臓で起きるためエコーで脾臓を見て下さいましたが、
やはり日向の脾臓は肥大しています。
今後も溶血が盛んに行われれば、脾臓の摘出が必要になるかもしれません。

以上の事より、本日から免疫抑制剤の投与が開始されました。 
 
免疫抑制剤は高価ですが、迷っている余地はないと思い開始して頂きました。 

大けがや病気と闘い生きようと頑張っている日向を絶対助けてあげたい。
やっと戦うべき敵が見えてきた。そう思って一緒に戦います。

決して諦めません。


杏子ママさん日向君がんばれ!
1日から開始している新しいお薬=免疫抑制剤は1日700円ほどかかります
みなさまにご協力いただいたフリマの売上や支援金を頼りに
これからも出来る限りのサポートを続けていきたいと思います

2013080306 
後肢の指の骨折と腹壁ヘルニアの手術を受けたミニーちゃん
先週は無事に抜糸を済ませています
痛くても怖くてもジーッと我慢してくれるミニーちゃん
(先生がよっぽど怖いのか顔を合わせようとしません・笑)

指の骨折にはギブスを装着してて
週明けにギブスを外し快復の状況を確認してもらう予定です
骨折の治療を終えれば本格的に飼い主さん探しを始めます
本当の家族になってくれる方を探しています!!

2013080308  
ミニーと一緒に過ごしているにゃわんハウスのカプちゃんとジン兄さん
(茶太郎もいます)
奥は我が家のつぶ嬢

カプちゃんは真っ白いほわ君と仲良く過ごしていましたが
先週の日曜日に新しい家族の元へと巣立ちましたので
今の遊び相手はジン兄さん
首の捻挫があるので取っ組み合いになるとヒヤヒヤしながら監視してますが
カプがちっちゃいのが分かってるようでかなり手加減してるみたいです

明日は新しい会場での譲渡会が始まります
カプもデビューしよっかね~
ジン兄さんと茶太郎ボス(笑)も連れて参加します☆


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・ロイカナ キトン 10kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイヤルカナン ミニスターター(犬用)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただくと確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.08.03 | | 飼主さん募集

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!