止まらない収容

昨日の朝 熊本市動物愛護センターに猫のパルボウィルスが発生してしまいました

感染の拡大防止
ワクチン接種している子とそうでない子の選り分け
便の状態が安定していない子達には検査を行い
60匹を超える命の危険を食い止めるため
今も作業が続いています

そんな非常事態のさなかでも
犬や猫の収容は待ったなし
昨日も新たに3匹の子猫が収容されてしまいました

「今はどこも危険で置く場所がありません」
職員さんからのSOSに迷わず車を走らせました

2013060401
 
負傷動物として収容された生後2月半ほどの小さな女の子
(推定誕生日は4月3日に決定)

右目の瞬膜が半分出たまま
右後肢も弱くなんとなくふらつきがあるようです

2013060402 
診察台へ...

体重450
舌にはカリシウィルスと見られる潰瘍の痕がありましたが問題なし

2013060403 
かなりの脱水と軟便
念のためにパルボチェックするも陰性
検便の結果 下痢を引き起こすコクシジウムがいました
回虫の卵も見つかりましたがまずはコクシジウムの駆虫を始めています

激やせなのでしっかりご飯を食べてもらって
病院で抗生剤と皮下補液をしながら病院で預かっていただきます

2013060404 
もう2匹は軽い風邪をひいた生後1ヵ月ほどのおチビちゃん
この子たちは遺棄されてセンターへ収容されたため
診察は受けず そのまま我が家の隔離部屋に入ってもらいました

(手前)梅:オス・体重345g
(奥)雨:メス・体重261g
ガリガリにやせ細り体重はまるで赤ちゃんレベルです
お昼すぎから私が迎えに行くまで
センターの職員さんが触らない場所においてもらっていたので
昨夜はご飯を上げると頑張ってドライ(ベビーキャット)を食べてくれました

今日もセンターは修羅場が続いていることと思います
センターの環境が整うまでもう少し時間が必要です
新たな収容猫たちの命を守るためにチームでも出来る限りの協力をしていきます

熊本市動物愛護センターへ消毒剤のご支援を宜しくお願いします!
 ↓↓
恐れていた事態

---------------------------------------------------------

2013060405 
病院にお世話になっているさきちゃん
先週末(1日)には骨盤骨折・仙腸関節脱臼の手術を受け
無事に乗り切っています

まだまだ痛みがあるせいか いつものさきちゃんの表情ではありませんでしたが
骨折部分もきれいに修復されているのをレントゲン写真で確認しています

経過が良好なら今週末には退院できるそうなので
くほを送りだしてくれたびきさんにお迎えをお願いしています

2013060406 
くっち君も頑張っています^^
あれから点滴と抗生剤を続けていただいてるせいか
ご飯も食べるようになって下痢も少し治まっていると聞いています

しかも この変な体勢で私にシャーって言ってくれました・嬉
少しずつでいいから元気になってね☆

信じられないお話なのですが
実は昨日くっち君にお声がかかっています!
県外にお住まいのご家族からメールをいただいていますので
元気になったら穏やかな余生を家族に支えられながら過ごせるかもしれません

まずは快復を目指して!
生きる希望を決して捨てないくっち君に会いに来てくれたらいいな...

他にもアップしたい保護っ子たちがいっぱいいるのですが
バタバタしてて時間がない・泣
タイムラグがあるかもしれませんが近日中に必ず!


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容されている多数の命を
パルボウィルスから守るため
必死で作業にあたっている職員さんたち
何よりも生きようとする小さな命の為に
みなさまのお力をどうか貸していただけないでしょうか

アンテックビルコンS 5kg

ウィルスを完全に除去し感染の拡大を防ぐため
大量に必要とされています

≪送り先≫
熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp


今後も必要になるものが沢山でてくると思いますので
分かり次第呼びかけさせていただきます


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.06.04 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!