センターから4匹

昨日は熊本市愛護センターから4匹の猫を保護しました
チームで長期の保護が難しいため
治療や検査が必要な子を優先し一時保護として預かっています

2013060101
 
検査室で最も気がかりだったくっち君
彼は5月16日にセンターへ収容され 抗生剤とステロイド
毎日の補液をしてもらっていましたが一向に改善せず
目鼻口から出る白い膿が止まりません

血液検査の結果
内臓機能に特に悪い数値はありませんでしたが
エイズと白血病のダブルキャリアであることが判明しました 

2013060102 
センターではa/d缶を水で溶き栄養食を混ぜたものを与えてもらい
ほんの少しずつ口にしていたと聞いています

このままでは衰弱だけが進んでしまう
少しでも楽になれるように留置針をとり
24時間点滴と抗生剤の投与をスタートしています

体重2.35kg 年齢は不詳

何とか持ち直して欲しい...
祈る思いです

2013060103 
2匹目は昨年末に収容されたちかちゃん
職員さんの治療に助けられ命をとりとめて
一時は譲渡対象のガレージに移してもらっていたのですが
春先に再び体調を壊し検査室に舞い戻っていました

2013060104 
一番気がかりだったのが右目の眼球肥大
診察の結果
眼圧の上昇と水晶体の脱臼(外れて目の中に落ちている)
原因は緑内障によるものか外傷による後遺症が考えられるそうです

ちかちゃんの身に何が起きたのか知る由もありません
このまま経過観察をしながら目の痛みがあるようなら
眼球を小さくする注射か摘出手術を行うのが通常の治療だそうです

それから左目の涙焼けも気になっていましたが
どうやら慢性の鼻気管支炎で鼻詰まりもあり呼吸も苦しそう
これは抗生剤を処方してもらって様子を見る事になりました

血液検査では異常なし
エイズ白血病は陰性
体重3.4kgの小ぶりで推定3歳の女の子

彼女は特に異常や急ぐ治療はありませんでしたので
週明けにセンターへ返還することに決めています
野田ちゃんと一緒にセンターへ連れて行く予定ですが
もしも家族になっていただける方がいらっしゃいましたら
是非チームへご連絡をお待ちしています
飼い主さんアンケートフォーム
もしくは 左側のメールフォームをご利用ください

2013060105 
3匹目はさきちゃん
彼女はくっち君と同じ日に負傷動物としてセンターへ収容されました

下半身が不自由で歩行ができない状態でしたが
頑張ってトイレには入って排泄をします
脚の先を触っても反応するので骨盤の骨折を疑い
外科的な手術ならば一刻も早くと受診させました

2013060106 
レントゲン検査の結果
やはり骨折が見つかりました
・両側仙腸関節の脱臼(背骨と骨盤の接合部分)
・右の骨盤(股関節部分)骨折

幸いにも脊椎に損傷はないようだと先生
ご飯も良く食べているため
いつでも手術ができそうなので
このまま病院へ預け手術をお願いしています

2013060107 
血液検査は異常なし
エイズ白血病は陰性
体重2.75kg 推定1歳の女の子

2013060108 
それにしても人懐っこくて全く物怖じしないさきちゃん
ずっと病院にいる看板にゃんこかなと勘違いするほどリラックスしています

きっと飼い猫だったに違いありません
骨盤骨折を終えたらセンターへ返還することになっていますが
出来る事なら避妊手術まで済ませたい
性格も100点満点なので
このまま飼い主さんが現われたなら嬉しいな...

さきちゃんは猫&人見知りが全くないおりこうさん
美人な彼女の家族を探しています

2013060109 
そして最後は生後1ヵ月半ほどのポン君
体重わずか700gの小さな男の子です

彼は先週の水曜日にセンターへ収容されたばかりで
下半身が弱く骨折してないか診てもらうため
レントゲン検査を受ける事にしました

レントゲン写真では骨折箇所は見当たりませんでしたが
異常なほどに骨の影が薄く骨軟化症(くる病)の可能性が濃厚との見解

日光浴と栄養価の高いご飯を食べさせることになり
そのままチームで保護することにしました

2013060110 
とっても人懐っこくてフワフワなポン君
両腕に咬まれ傷が2箇所見つかっています
幸いにも腰回りには傷がないので咬まれた事による脊椎の損傷はないと信じたい
後肢を引きずって歩く姿は痛々しいけれど
きっと元気になって4足歩行を見せてくれるでしょう

マリンママさんちでは早速春ちゃん(チームのワンコ)が挨拶に来てくれましたが
ポン君がものすごい形相で身を守ろうと威嚇したりパンチをしていたので
相当怖い思いを下に違いありません
猫ちゃんやワンコとの引き合わせも慎重に進めてもらうことにしています


水曜日のセンター訪問から昨日まで
どの子を最優先すべきか悩みに悩み抜きました...

週明けにはちかちゃんと野田ちゃんを残念ながら返還することになりますが  
治療を急ぐ子たちのためにもそうするほか今は選択肢がありません

今朝はくほ君を連れて高森町へ行き無事にトライアルに入りました
センターからの一時保護を経てみごと幸せを掴んだ彼のように
かけがえのない家族の笑顔へと送り出してあげたい

検査室で必死に生きようとする傷ついた犬猫たちも
私たちのおうちでで平安な日常を送る家族も
全ての命の重さは同じだと信じています

罪のない命を迎えて
澄んだ瞳を見つめ抱きしめてくれる家族を待っています

 
◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・革製首輪(19号以上の大きいサイズ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただけると確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.06.01 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!