大怪我を負った子猫

2013052801 
昨日の午後センターに怪我を負った子猫が収容されました

職員さんから連絡をいただき職場からそのままセンターへ
準備してあった段ボールを覗き込んで
「間に合わないかも...」と直感しました

呼吸が浅く速い
頭をあげることすらできず必死で息を吸っていました
病院へ向かう車の中でも気がかりで何度も覗き込みます
運転中は箱の中から力なく「ニャオニャオ」
「ボク頑張ってるよ」と言ってくれているように聞こえてなりませんでした

2013052802 
病院へ到着し状態を説明するとすぐに診察へ通してくれて
すぐにレントゲン検査とエコー検査

横隔膜ヘルニアで呼吸が悪くなっているんだと思いこんでいましたが
事態はそれ以上に深刻でした

左大腿骨の骨折(膝の上からぽっきり折れています
エコー検査では膀胱が破裂し
お腹の中にオシッコが溜まっていることが分かりました

2013052803 
説明を受ける間にも麻酔が始まります

みるみる呼吸が浅くなっていくのが分かり
先生からも「難しいかもしれない」と一言
もう手術以外に選択肢はありませんので
彼の生きる力を信じて全てをお任せしました

2013052804 
お腹にバリカンを入れると無数の傷が現れてきました
事故に間違いはないだろうけれど
一体何が彼の身体を襲ったんだろうと眉をひそめる先生

2013052805 
受診してわずか10分足らずで緊急手術へ
扉の向こうから見守る間も
計器をチェックしたり猫の血色をこまめにチェックする看護師さんの姿に 
先生の言葉が何度も頭をめぐります

2013052806 
30分後 無事に手術を終えて
麻酔から覚め自発呼吸を促すために
タオルでマッサージしたりドライヤーで身体を温めてもらいます

そして数分後 小さな命は再び息を吹き返してくれました
頑張ったねチビちゃん!!泣

破裂した膀胱は無事に縫合できました
それから 腸の一部が裂けていたため縫い合わせてもらっています
お腹の中は出血とオシッコまみれ
貧血で血色が悪くなっていた原因も腸からの出血によるものだろうと言われました

はぁ 良かった・泣
頑張ってくれて嬉しい!

ボクの名前は"おなか"君
(カルテ用にと言われとっさに「おなかでお願いします!」と言ってしまいました)

体重1.1kg
生後推定3ヵ月の男の子
(誕生日は2月27日に決定)
 
術後の経過を観察していただき
状態が良ければそのまま大腿骨骨折の手術を受けることになっています

おなか君のこれからの快復を応援してあげてくださいね
私も近日中にお見舞いに行ってきます!

今日は手鞠ちゃんの手術の日です
今朝はオトンが病院へ連れてってくれました
うまくいけば2、3日で退院できるそうなので
無事に帰ってきてくれるのを楽しみに待ちたいと思います
手鞠ちゃんもがんばれ!!


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・革製首輪(19号以上の大きいサイズ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただけると確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.05.28 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!