センターから引き取り

昨日はセンターに収容されている子猫38匹のうち
6匹をチームで引き取りました

うち2匹が危険な状態です

2013052301
 
2013052302 
生後推定3週間のきょうだい

・マイク(上)♂ 234g
・サリー(下)♀ 257g

20日に収容されたばかりで
ミルクを飲ませても離乳食を与えてもなかなかうまく食べてくれないと
職員さんが心配していましたので
チームでバトンタッチすることにしました

ママ代わりはチデホママさん
見た目はまだまだミルクっぽくはありますが
イヤイヤしてしまうのでペーストも与えてみています

実は 今日からマイク君の容態は悪くなっています
ご飯を嘔吐し さっきまでぐったりしていました
低血糖と脱水には糖水が良いとネットで調べてくれて
飲ませてみて 今さっきのメールで少し元気になったと連絡がありました

東区御領の市営団地に捨てられた悲しい2つの命を
チデホママさんが全力で守ろうとしてくれています

2013052303 
東区戸島マンションの生け垣に遺棄されていた3匹のきょうだい

・ロック(左)♂ 442g
・エドガー(中)♂ 460g
・ティナ(右)♀ 404g

生後推定1ヵ月
センターには5匹まとめて4月末に収容され
職員さんが命を繋いでくれました
やがてママのおっぱいを探す仕草から
男の子のオ○ン○ンを吸い始め
5匹を分けて保護することが難しくなったため
3匹をチームで引き取り飼い主さんを募集することになりました
(センターに残した2匹は別々のキャリーに入れて吸わないようにしています)

離乳するまでママ代わりになってくれるマリンママさんちで
3匹をじっと観察していると...
やっぱりお尻を探して吸おうとします・汗

なのでもう少し成長するまでは眠る時間は別々に過ごさせるように
マリンママさんに工夫していただくことにしています

2013052304 
そして最後の1匹は酷い風邪をひき検査室に収容されていた
生後3ヵ月ほどの男の子

炎症をおこした瞼の影響で殆んど目が見えていません

2013052305 
お口の中は酷い炎症
カリシウイルスに感染している可能性が高いとのことでした

2013052306 
角膜に癒着しはじめていた結膜
視力を守るためにもピンセットで剥がしマメに点眼とオイルを塗って
癒着しないように病院でケアしていただきます

2013052307 
自力で食事もとれない状態でしたが
診察台では柔らかいご飯をめいっぱい頬張って
生きる力を見せてくれた頑張り屋さんです

2013052308   
感染症が他の子たちにうつらないように軽便カゴに入ってもらって
別部屋で治療をしてもらいます

推定生後3ヵ月なのでお誕生日は2月22日に決定
猫の日かな?

きっと元気になってぱちくりおめめを見せてくれるでしょう
みんな頑張れ!


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ワンラック ゴールデンキャットミルク130g
・ロイカナ ベビーキャット 2kg/4kg
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・革製首輪(19号以上の大きいサイズ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただけると確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.05.23 | | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!