帰ってきたメイちゃん

2013041201 
水曜日に瀕死の状態だったメイちゃん
その日の夜は病院のICUへ入れていただいて
輸血をするかどうか
スタッフに相談したりしながら一晩じっくり考えてみました

輸血を受けても効果が見られないかもしれない...
メイちゃんの身体と心を読み取れず悩みに悩んだ結果
昨日の朝から輸血を受けるという選択をしています

そして昨日の夕方には病院へお迎え
恐る恐るICUを覗き込むと
メイちゃんがいつものようにチョコンと座って待っててくれました・泣

2013041202 
もう少しで終わるからね
看護師さんのナデナデにお尻をピーンと上げて
いつも通り応えてくれました!

メイちゃん頑張ってくれてありがとう!!

あとはご飯を食べてくれるかどうかだね
と先生。。。

お迎えからその足でマリンママさんにバトンタッチ
私はというとその後すぐに別件の用事を済ませていたのですが。。。

2013041203 
マリンママさんから写真が来た!嬉

2013041204 
ご飯たくさん食べてくれました

え!ほんと!?
やだ嬉し~~!!泣

余りにも嬉しくて
昨夜のうちにまた会いに行ってしまいました

2013041205 
マリンママさんこんにちは☆
もともと鳴かない大人しいメイちゃん
「メイちゃん」と声をかけると小さな声で「にゃん」とお返事してくれます

2013041206 
お部屋に入ると入念な毛づくろい

2013041207 
そして背中を向けて身体を休めていました

エコー検査の結果 少なくとも肝臓と脾臓には腫瘍のようなものが見つかり
内臓が破れてしまった可能性があり腹腔内には血液が溜まっています

お腹の痛みで苦しんだり食事が出来ない状態に変わりがなければ
輸血という選択は望みませんでしたが
こうしてご飯をしっかり食べてくれたり毛づくろいをするほどの余裕があるのだと思えば
お腹の痛みの程度が酷い訳ではないのかもしれません
(先生の話によれば破れた箇所が肝臓なら痛みがあるけど
脾臓ならそう痛みがないかもという話していました)

これから先
輸血により軽減した貧血が再発するまでに今の状態をどれだけ保てるか
それが彼女の余生を決める鍵です

体調を見てお腹を開き
脾臓からの出血であれば摘出することで
より快適な予後を過ごすことができるという説明も受けています

でも今は手術の希望を考えてはいません

マリンママさんのおうちで家族に見守られながら
少しでも快適な時間を過ごして欲しい
今日一日が平安でありますように
メイちゃん 沢山の困難を乗り越えてくれて本当にありがとう

※メイちゃんは少しでも栄養をつけるために
・ロイカナ キトン
・カルカン パウチ など
高栄養で食い付きの良いご飯作りを考えています



◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・子犬用のドライフード(  〃  )
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・犬用 ウェットフード(10頭近くの老犬用にパウチなど水分の多いもの)
・革製首輪(19号以上の大きいサイズ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただけると確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.04.12 | | チームの猫たち

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!