センターの猫たち

まずはご報告から

熊本市動物愛護センターに収容されていた
老齢犬の欽也君が11日に
猫のハッチ君が13日に亡くなりました

欽也君は年末にチームで預かりお正月を元気に乗り切っただけに
職員さんに耳にして驚きました

センターの環境でさえ老齢だったり体調が悪い子にとっては
厳しい条件であることに変わりありません
思いがけない死を遂げる命があることも珍しくはありません

最期までお世話をしてくれた職員さんたちに感謝しています
欽也君 ハッチ君のご冥福をお祈り申しあげます

2013010601
 
センター訪問は毎週水曜日なのですが
今週は都合がつかず昨日にゃぶ子さんと一緒に行ってきました

2013010602 
ガレージに収容し募集対象となっている仔猫と成猫は23匹

2013010603 
多頭崩壊し手放された成猫たちと
先月までは事務所受付のケージにいた仔猫たち

2013010602 
寒さの影響で風邪を引いている仔猫も見られます
(投薬や目薬は受けています)

2013010605 
事務所奥の休憩室には生後3ヵ月前後の仔猫が1匹
酷い風邪で目やにクシャミ鼻づまりの症状がありましたが
すっかり回復してあとは譲渡を待つだけです

2013010606 
犬舎の焼却炉スペースには成猫が14匹

2013010607 
2013010608 
昨年の春生まれの若い子や
多頭飼い崩壊により持ち込まれた成猫たちです

2013010609 
メイちゃんは昨年の3月に飼い主により持ち込まれました
他にも4匹の猫がいましたが譲渡され
メイちゃんだけが残っています

2013010610 
検査室にはエイミーちゃんを始め仔猫が12匹
成猫が9匹の合計21匹が収容

2013010611 
ベルちゃんは9月に収容された当初
かなり怯えて手もつけられない状態でしたが
今では控え目ながら甘えてくれるし抱っこもさせてくれます

2013010612 
年末に収容された成猫のちかちゃん
酷い衰弱で風邪からの目やにで目が開かないほどでしたが
無事に元気を取り戻しています

ちかちゃんの下に見えるのがキャロラインちゃん

2013010613 
近づくと引っ込み思案な一面を見せますが
知っている人(職員さん)には甘えてくれます

2013010614 
先週末にセンターへ返還したお嬢ちゃん
左手の脱脚手術を無事に終えてあとは抜糸を待つだけです
頭をなでると目を細めて嬉しそうに応えてくれます

2013010615 
今月4日に遺棄されていた仔猫3きょうだい
みなおっとりとして温厚な性格なようです

2013010616 
岩戸君
チームで一時保護して手の治療を受けさせようと計画していた子です

2013010617 
先週は腕全体が膿んで皮膚も真赤になっていましたが
患部まわりの皮膚は落ち着いているようです

岩戸君の腕の傷は収容された8月からずっと治らないまま
もう5ヵ月も皮膚の再生がうまくいかない状態です

2013010618 
こくふ君

2013010619 
おってぃ君は発情期が来てしまいましたので
近々センターで去勢手術をしてもらう予定です

2013010620 
ようすけ君はお水を良く飲んでいます
腎臓が悪い割には急激な体重減少はないようですが
多飲多尿が気になります

2013010621 
ふらつきや麻痺のあった黒い2チビちゃんたち

2013010622 
チームで一時保護し腕の脱脚手術を受けたカウ君

2013010623 
一時もじっとしてくれないくほ君
彼はかなりの天然さんで
とっても可愛い仕草に思わず笑顔がこぼれてしまいます

2013010624 
2013010625 
去年の11月に収容された5匹きょうだい
(もう1匹は写っていません)
人間好きで元気真っ盛りの2男3女

センターに収容されている猫の総数は59匹
チームで一時保護しているさぶろうちゃんと我が家のベルちゃんを入れると
61匹で先週から2匹だけ減っていることになります

1月20日(日)は午前10時より
熊本市動物愛護センターで休日譲渡会が開催されます
犬の収容は昨日現在で71頭
61匹の猫たちも期待に胸を膨らませ
永遠の家族を待ちわびています

幸せになりたい
小さな小さな願いをどうか叶えてあげてください


◆祭と鈴に飼い主さんを探しています◆

祭&鈴

祭(まつり):オス(サバトラ柄)
鈴(すず):メス(黒)

2歳半になるかわいい兄妹です
元気で健康な成猫ですが
平衡感覚にハンデがありふらつきが見られます
健康な子のように走ることはできませんし
食事の時には身体を支えてあげる必要がありますが
それ以外の生活に支障はありません
(トイレもちゃんと覚えています)

詳しくはコチラをご覧ください

新しい飼い主さん(熊本県外でもお届けします)
長期的に預かって下さる方(熊本県内に限ります)
同時に募集しています

罪のない命を守るリレーを続けていくため
今あなたの救いの手を求めています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・仔猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ユーカヌバ Iアシスト 残渣ケア(お腹の弱い猫へ)

・ヒルズ w/d(お腹の弱い猫へ)
・ロイカナ 消化器サポート(お腹の弱い猫へ)
・子犬用のドライフード
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・犬用 ウェットフード(10頭近くの老犬用にパウチなど水分の多いもの)
・革製首輪(24号以上の大きいサイズ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175
※必要物資はさまざまですので
  ご支援いただく前にセンターへお問い合わせいただけると確実です

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2013.01.16 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!