センターの猫たち

2012092001 
2012092002 
2012092003 
2012092004 
熊本市動物愛護センターの受付で出逢いを待つ7匹の仔猫たち

先週の訪問では猫の収容数が85匹でしたが
休日譲渡会では譲渡に恵まれた子もいて
昨日現在で75匹と10匹の減少になりました

それでもまだまだ収容キャパを超えた状況は続いています
お知り合いで猫を飼いたいというご家族がいらっしゃいましたら
引き続きお声かけを宜しくお願いします

2012092005 
焼却炉スペースのクロくん

2012092006 
メイちゃん
昨日は比較的顔色も良さそうで
お座りしてご挨拶してくれました

2012092007 
三毛ママちゃんは人間が大好き

2012092008 
3匹きょうだいの仔猫たちも元気真っ盛りで
人見知りもせず飼いやすい性格です

2012092009 
2012092010 
2012092011 
そしてガレージには例の飼養放棄の被害猫たち11匹
収容当初はみなオドオドしていましたが
職員さんたちには少しずつ心を開いているようです

2012092012 
ここからは検査室の猫たち

かくれんぼしているこの子は先週の訪問の時に
収容されたばかりで酷く衰弱していた子です

2012092013 
あれからきれいにシャンプーしてもらってこんなに美人さんになりました
尻尾の先っぽに壊死している部分がありますが
それ以外は目立った外傷はないようです

怖がりさんだけど時間をかけてあげれば
ツンデレかわい子ちゃんになると思います

2012092014 
いずみちゃんは下半身が弱いのですが
脊椎の骨折ではなく骨盤がどうやらずれているようです
(触ってみた)
早い段階で手術を受けさせてあげれば
健康な子のように歩行もできるようになると思います

2012092015 
風邪っぴきのおってぃ君
風邪は随分快復しているにもかかわらず
食が細くてガリガリに痩せています

2012092016 
キャロラインちゃん

彼女には発情期が来てしまい
落ち着きなくケージの中を一日中ウロウロする姿が見られたため
チームで一時的に預かり避妊手術を受けさせてもらうことになりました
手術は来週の予定で翌日にはセンターへ返還します

2012092017 
下半身不全の茶トラの男の子
元気がなくぐったりしていますが
センターで去勢手術を実施したそうで 術後間もないので
まだ痛みがあるようです

2012092018 
ジジ君
ようやく彼にも手術を受けさせることができます
長い間苦しめていた左前脚の断脚手術を来週
キャロラインちゃんと一緒に受ける予定です
彼も一晩でセンターへ返還しなければいけません

キャロラインちゃんとジジくんが気になっている方がいらっしゃいましたら
是非ご連絡をお待ちしています!

2012092019 
左前脚を負傷している岩戸君
皮膚の欠損の再生がなかなか進まず
職員さんも頭を悩ませていらっしゃいます

2012092020 
臆病なより君
写真撮影を終えてにゃぶ子さんと水換え作業をしていたら
そそくさと立ち上がってお水を飲んだりお座りキョロキョロしたり
可愛い仕草を見せてくれました

2012092021 
下顎に炎症のある生後5ヵ月ほどの仔猫

2012092022 
保護当初は下半身が弱く旋回行動を見せたチビちゃん
すっかり元気になり遊びたくてたまらない様子です
とはいえ怪我を負った経緯がありますので
必ず病院で検査を受ける必要があります

2012092023 
萩原くんも人間が大好き
相変わらずオシッコが自然に出てきますが
猫にも人間にも友好的な子なので新しい環境にも早く馴染むでしょう

2012092024 
検査室で最年長のさつきちゃん
微動だにせずずっと横になっていました

2012092025 
こくふ君

2012092026 
ふしょーちゃん

2012092027 
くほ君

2012092028 
ハッチ君

2012092029 
先週は写真で紹介し損ねてしまったかみよちゃん
収容されたばかりの8月にはシャーフー必死で威嚇していましたが
ここ数週間でいいペースで慣れ指数が上がっています
近づいて触ろうとするとまだ戸惑いますが
必死でアピールしようと健気な姿を見せてくれるようになりました

検査室には他にも仔猫が4匹いて
仔猫9+成猫12匹=21匹の収容数になります

ご紹介した子たちの他に
乳飲み子から離乳期にかけての仔猫たちが29匹
職員さんたちが持ち回りでお世話をして下さっています

職員さんたちは忙しい仕事の合間を縫って
懸命に繋ぐ数々の罪なき命
センターに収容されている動物たちの命を引き継ぎ
永遠に愛情を注いでくれる家族を待っています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ロイカナ ベビーキャット
・ロイカナ キトン
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイカナ 心臓サポート1+関節サポート(老齢犬用)
・犬用のアレルギー食(ドライフード)
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・犬用 ウェットフード(10頭近くの老犬用にパウチなど水分の多いもの)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
変わらぬ応援を宜しくお願いします
466


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2012.09.20 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!