センターの犬たちにも光を

2012091001 
ミカンちゃんのSOSを発信させていただいてから
もうどれだけ経ったでしょうか...

今日までにお問い合わせもなく
センターにお迎えに行くこともできず
会って写真を撮るだけしかできないままです

2012091002 
腹水は溜まる一方...
1、2週間に1回のペースで職員さんに水を抜いてもらっていますが
根本的な治療ができないまま
目の前の問題を何とかやり過ごしているような状況です

猫に比べて犬の預かりさんとなると条件が厳しいですね
身体も大きいし介護となると大変だから
二の足を踏む気持ちも良く分かります

でも何としてもミカンちゃんの余生を引き受けてくれる家族を見つけたい!
引き続き一時預かりさん・新しい飼い主さんを募集していますので
お知り合いの方などお心当たりがありましたら
呼びかけにご協力を宜しくお願いします!

2012091003 
ミカンのそばに寄り添うようにリンゴちゃん
彼女の皮膚炎は相変わらず
アレルギー食のご支援をお願いします!

8月の終わり頃から
センターに捕獲された犬たちが増えています

2012091004 
8月20日に西区春日7丁目で保護
推定8~10歳の女の子

2012091005 
8月20日に北区龍田陣内2丁目で保護された
推定5~7歳の女の子

2012091006 
9月5日に東区小山2丁目で保護
茶色で赤いハートのくりぬき柄がある首輪をつけていました

2012091007 
仔犬のダスキンちゃん(左)
右は8月20日に北区津浦町で保護された老齢の男の子

2012091009 
8月31日にセンターへ飼い主自らの手により持ち込まれた老齢のシュナウザー
母親は幼い子供2人の手を引き家族だったはずの犬を連れてきました
不用犬の持ち込みは殺処分の対象であるにもかかわらず
それでも構わないと答え
泣きじゃくる息子を車に乗せ立ち去りました
12年という月日を共に過ごした家族に
引越しだという理由で暗闇に投げ出された悲しい命
幸せだった日々を想いながら
きっと迎えに来てくれるとを信じ
今もただひたすら待ち続けているのでしょう

2012091008 
右は今月4日に東区御領6丁目で保護された推定3~5歳の男の子 

2012091010 
犬舎に入りきれない9頭の犬達が奥の通路に繋がれています

2012091011 
収容数が多くなると犬達にもストレスがかかります
仲の良い子を隣同士にするようにしていても
気が立って喧嘩をふっかけるような小競り合いも見られます

センターに収容されている犬や猫たちは限界の状態が続いています
1匹1匹の性格を理解してあげれば
成猫や成犬の方が飼いやすいと思います

センターでは今週末(16日)にも犬と猫の休日譲渡会が開催されます
みなさまのお越しを心よりお待ちしています

--------------------------------------------

日頃より沢山の温かいコメントをいただいてありがとうございます
1つ1つ読ませていただき励ましや勇気をみなさんからいただいています
一人じゃない
活動の活力となる大切なメッセージでもあります

当ブログは1人でも多くの方々に見てもらいたいし
応援して下さるみなさんの想いを率直に聞かせてもらえたら
こんなに嬉しい事はありません

ただし 行きすぎた発言やあえて挑発的な言葉を使うようなコメントは
私には見過ごすことは出来ません
罪のない物言わぬ猫や犬たちを想えばなおさらです

みなさんの率直なお気持ちを聞かせていただきたいし
これからも熱い応援メッセージで励ましてもらいたいとは思いますが
今後も悲しいコメントが続くようでしたら
・コメントを一切受け付けない設定にする
あるいは
・センターで起きている事実をある程度伏せて日記をつける
どちらかの選択をせざるを得ません

また親しい関係にない方の敬称を付けない、事実ではないコメントも
身に覚えのない方には失礼にあたりますので
当面は該当するコメント削除という対応をさせていただきます

これから先も犬や猫たちの目線に立ち
現実を伝えていきたい気持ちには変わりありません
どうかご理解とご協力を宜しくお願いします


◆ミカンとリンゴを助けてください◆

※現在のところお問い合わせは全くありません

ミカン 
リンゴ
熊本市動物愛護センターに収容されている
ラブラドールレトリバーのミカン(上)とリンゴ(下)を助けてください

ミカンのお腹には腹水がたまり
呼吸が苦しく食事も思うように食べることができません

リンゴは皮膚炎に悩まされています
(お尻周りや四肢まわり)

2頭とも治療や処置に限界があり
このままでは苦しい思いをさせるばかりです

ミカンの余命を共に過ごして下さる方
リンゴには皮膚炎に関する適切な検査や治療・予防をしてくださる方

何の罪もない動物たちを見捨てた飼い主にかわって
再び生きる喜びと家族の愛情を感じさせてくれる家族を待っています
(ミカンちゃんに関しては一時預かりさんも同時募集)

ご質問やチームで必要なサポートなどありましたら
出来る限りのお手伝いをさせていただきます
左下のメールフォームよりご連絡をお待ちしています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ロイカナ ベビーキャット
・ロイカナ キトン
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイカナ 心臓サポート1+関節サポート(老齢犬用)
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・犬用 ウェットフード(10頭近くの老犬用にパウチなど水分の多いもの)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
変わらぬ応援を宜しくお願いします
466


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2012.09.10 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!