センターの成猫たち

昨日のセンター訪問
もう休んでしまいたいと何度も頭を過りました
現実から逃れたい
目を伏せてしまいたい

どんなに苦悩しても悔し涙を流しても
センターでひっそりと息をひそめる猫たちの
命のカウントダウンは止まることはありません

2012090601 
ミケママちゃん
段ボールに詰め込まれ遺棄
何も分からない9匹の赤ちゃんを守り続けてくれました

2012090602 
クロ君は飼い主の新たなる生活と引き換えに
犠牲になりました

2012090603 
ニューちゃん(推定10、11歳)

2012090604 
イングちゃんも飼い主の入院と引き換えに見捨てられました

2012090605 
アリスちゃんも段ボールの中で怯え

2012090606 
メイちゃんも内緒で飼われていた無責任な飼い主に
大家にバレたという身勝手な理由で持ち込まれました
人目を避けるようにこっそりと見を潜めていた飼い主宅の物置
今も餌付けが繰り返されていないかと気がかりです

2012090607 
譲渡対象のケージで出逢いを待っていたキジママちゃんのケージ
昨日は予定通り新しい飼い主さんが迎えに来て下さっていました

キジママちゃん 今度こそ幸せになるんだぞ!

2012090608 
検査室のさつきちゃん
はキャリーのままゴミステーションに捨ててありました
飼い主の目にはさつきの命はゴミにしか映らなかったのでしょう

人は追い込まれると冷静な判断を見失います
つくづく他人事ではないと考えさせられます

2012090609 
萩原くんは事故に遭って保護された頑張り屋さん
尻尾の付け根付近に骨折があり排泄のコントロールも出来ません
人(猫)一倍の甘えん坊さん

2012090610 
ふしょーは下半身麻痺
持ち込まれた経緯はコメントをご参照ください

毎日のように受けるメールや電話での相談
その殆どが引き取りと里親探しの代行依頼
依頼しようとする人間は
まずをもって自分自身の都合をまくしたてます
しかも何度も何度も...

そしてそんな大変な無理な状況(←飼い主の主張)なのに
無責任に猫に手したかというところになると
「可哀想で」をひたすら連呼

その可哀想だという想いが
猫を増やし
近隣へ迷惑をかけ苦情を招き
 
お金が底をつき
それでも夜な夜な通う猫たちがうっとうしくなって
エンドレスだと嘆き
逃げる(引っ越す)事もできない自分が
可哀想だ不幸だという結末に達します

一通り話を聞いた後に
自分で何とか切り抜ける為のアドバイスと
今後どうすべきか私の考えを話してみると
ボランティアのくせに引き取らないという失望感を露わにして
電話を切っていきます

不妊手術もせず自己満足のために無責任に餌を与え続け
目の前で増えたり怪我や病気をしたりすると
捨てたり行政へ持ち込む
目の前から去るとまた同じ日常を繰り返します

これからは
そんな無責任な人間が少しでも肩身の狭い思いをする社会へ
責任ある飼養方法を皆が受け入れる社会にしていかなければいけません
何より犠牲になる物言わぬ動物たちを守るために...

2012090611 
昨日から呼びかけをしている花子ちゃん
かなりの脱水と陰部からの膿 今朝からは血尿が始まっていると聞きました
緊急で飼い主さんを探しています
決まればすぐにチームで預かり治療を受けさせることも可能です

2012090612 
キャロラインちゃん

2012090613 
マネキ君にセンターで会うのも昨日が最後
今日の午後には飼い主さんがお迎えに来てくれると思います
マネキくん 10ヵ月間がんばってくれてありがとう

2012090614
ロップちゃんにも飼い主さんが見つかっています
目指すは岩手!!
後ろ足の手術も待っていますので
来週以降の引き取りで段取りを組みます

2012090615 
左前脚が負傷し手首が曲がったままのジジくん

2012090616 
左手の治療中 岩戸くん

2012090617  
ビビりのより君

2012090618 
下顎に炎症がある4、5ヵ月の仔猫

2012090619 
新たに収容された近見くん
衰弱により動けなくなっていたところを保護されています
現在状態を確認中

2012090620 
こくふ君

2012090621 
くほ君

2012090622 
ハッチ君

2012090623  
かみよちゃん

お昼休みの時間が押して
後半詳しく説明ができないのが悔しいですが
どの子も同じ生きる権利を持つ命であることに違いありません
救いをただひたすら待ち続ける猫や犬たちがセンターにいます

2012090624 
ジャックちゃんの幸せは同じセンターで頑張る猫たちに勇気をくれました
幸せの順番が来るのをじっと待っています

2012090625 
先週から飼い主の入院を理由に持ち込まれている成猫たち
先週は8匹
今週になって更に2匹が追加で収容されています
(また更に収容される可能性があります)

センターの猫は仔猫59 成猫29 合わせて89匹

明日には休日譲渡会が開催されますので
ご家族みなさんでのお越しを心よりお待ちしています


◆ミカンとリンゴを助けてください◆

※現在のところお問い合わせはゼロ件です

ミカン 
リンゴ
熊本市動物愛護センターに収容されている
ラブラドールレトリバーのミカン(上)とリンゴ(下)を助けてください

ミカンのお腹には腹水がたまり
呼吸が苦しく食事も思うように食べることができません

リンゴは皮膚炎に悩まされています
(お尻周りや四肢まわり)

2頭とも治療や処置に限界があり
このままでは苦しい思いをさせるばかりです

ミカンの余命を共に過ごして下さる方
リンゴには皮膚炎に関する適切な検査や治療・予防をしてくださる方

何の罪もない動物たちを見捨てた飼い主にかわって
再び生きる喜びと家族の愛情を感じさせてくれる家族を待っています

ご質問やチームで必要なサポートなどありましたら
出来る限りのお手伝いをさせていただきます
左下のメールフォームよりご連絡をお待ちしています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ロイカナ ベビーキャット
・ロイカナ キトン
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイカナ 心臓サポート1+関節サポート(老齢犬用)
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)

・猫トイレ 木質ペレット ←※かなり不足しています!
・トイレシート(ワイドサイズ←老齢の犬たちへ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
変わらぬ応援を宜しくお願いします
466


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2012.09.06 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!