FC2ブログ

殺処分の危機 #3

熊本市動物愛護センターに収容され
新しい飼い主さんを募集している猫たちを
センターのホームページで紹介しています
性格や飼いやすさについて説明もありますので
是非ご参考にしてください

熊本市動物愛護センター~ハローアニマルくまもと市~

昨日に引き続き
ホームページで紹介されていない
殺処分の危険が最も高いと思われる
負傷したり怖がる性格の子たちを紹介します

2012090301
 
かみよちゃん
1ヵ月前に収容された時は衰弱し横になったままでした
今は元気で運動能力にも問題がなさそうですが
とにかく怖がります
時間をかけてゆっくり歩み寄りを待つ忍耐力のある方へ

2012090302 
昨年10月に収容されたので11ヵ月間の収容生活を送っています
左前脚を骨折し骨が変形して内側に曲がっていますので
肩甲骨から取り除く脱脚手術を受ければ
3本脚で不自由なく暮らせます

収容当初は怒って手を出すほど気性の荒い性格でしたが
職員さんの根気強いスキンシップと愛情に支えられ
先週の訪問では職員さんが抱っこできるほどの成長を見せてくれています
譲渡対象にするには危険だということで
一度は殺処分も検討された時期もありましたが
少しずつ心を許してくれるようになった彼のために
もう一度生きるチャンスを与えてもらっています

2012090303 
6月に収容されたふしょーちゃん(くん)
性別をいつも確認しそびれてしまうのですが
小ぶりな体つきなので女の子ではないかと思います
事故によると思われる下半身麻痺
ただ 後ろ足を寄せる力がありますので
全く麻痺しているという訳ではなさそう
オムツは使用せず1日1、2回の圧迫排泄で快適に過ごせそうです
ビクビクしますが 攻撃性はないと思います

2012090304 
かみよちゃんと同じ先月3日に収容されたより君
衰弱により収容されたのですが 元気を取り戻しています
気がかりなのは怖がりな性格と全身に見られる脱毛ヵ所
沢山の猫が同じ部屋で過ごしているのでストレスも考えられます

時間をかけて待ってくれる方が理想的です

2012090305 
花子ちゃんは1歳前後のかなり若い女の子
妊娠中に事故に遭い下半身麻痺に...
その後センターで2匹の赤ちゃんを死産してしまいました

収容当初の3ヵ月前にはかなり怯えていましたが
今ではこうしてご挨拶してくれるようになったし
お水交換で扉を開けてみたらじっと我慢してくれました
固まるタイプで攻撃性はありません

排泄はオシッコがたらたら出るタイプなので
オムツの交換が必要です
ある意味トイレの失敗の心配がなく手がかからない
うちの茶太郎も下半身が麻痺していますが全く手がかかりません
なので皆さんにもそんな風に解釈をしていただけたら嬉しい

2012090306 
先月の14日に収容された岩戸くん
左前脚を負傷し衰弱していたところを保護され収容されました
左腕の傷は現在も治療中で少しずつ回復していると聞いています
おっとりした性格で人慣れもしています
オッドアイが魅力的な真っ白い男の子です

2012090307 
赤ちゃんの時に収容され 同じきょうだいは現在も飼い主募集中
この子だけ原因不明の下唇の炎症が見られたため
抗生剤で治療中です
生後4、5ヵ月の仔猫です(性別の確認はしていません)


みんなハンデがあったり怖がりだったりしますが
それぞれに素直で感情表現豊かな動物たちです
事故に遭ったり病気をしてしまわなければ
こんな運命を辿る事もありませんでした
罪なく奪われる命があってはいけない
どの子も幸せになるためにこの世に生れてきたのですから...

--------------------------------------------------------

おかげ様で 昨日までに3組のご家族からご連絡をいただいて
現在までに成猫4匹に譲渡が決まっています

目標は10匹
残された時間はあと4日しかありません

不安を抱えている方や疑問点をお持ちの方など
私たちに出来る範囲でしたらご相談に乗らせていただいたり
一緒に考えたり悩んだりさせていただきますので
左下のメールフォームより是非ともご連絡をお待ちしています
みんなの気持や願いが実を結びますように...


◆ミカンとリンゴを助けてください◆

※現在のところお問い合わせはゼロ件です

ミカン 
リンゴ
熊本市動物愛護センターに収容されている
ラブラドールレトリバーのミカン(上)とリンゴ(下)を助けてください

ミカンのお腹には腹水がたまり
呼吸が苦しく食事も思うように食べることができません

リンゴは皮膚炎に悩まされています
(お尻周りや四肢まわり)

2頭とも治療や処置に限界があり
このままでは苦しい思いをさせるばかりです

ミカンの余命を共に過ごして下さる方
リンゴには皮膚炎に関する適切な検査や治療・予防をしてくださる方

何の罪もない動物たちを見捨てた飼い主にかわって
再び生きる喜びと家族の愛情を感じさせてくれる家族を待っています

ご質問やチームで必要なサポートなどありましたら
出来る限りのお手伝いをさせていただきます
左下のメールフォームよりご連絡をお待ちしています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間のために命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・ロイカナ ベビーキャット
・ロイカナ キトン
・成猫用のドライフード(できるだけ良質なものをお願いします)
・ロイカナ 心臓サポート1+関節サポート(老齢犬用)
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)

・猫トイレ 木質ペレット ←※かなり不足しています!
・トイレシート(ワイドサイズ←老齢の犬たちへ)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
 〒861-8045 熊本市東区小山2丁目11-1
 TEL 096-380-2153  FAX 096-380-2185
 Mail: doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
変わらぬ応援を宜しくお願いします
466


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

2012.09.03 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!