昨日のセンター

昨日訪問した熊本市動物愛護センターに収容されている猫たち
春の出産シーズンが本格的に始まっています

2012032901
 
受付に設置されているケージで出逢いを待つたつや君

2012032902 
とらじろう君

2012032903 
シャー君

2012032904 
そして新たに収容された生後4ヵ月ほどの仔猫
段ボールに入れられて遺棄されていました

そして焼却施設内のスペースに設置されているケージには
新たに収容された猫が増えつつあります
2012032905 
2012032906 
2012032907 
上の4匹は飼い主から不用動物として収容されてしまった悲しい命
ペット不可の住宅に住みながら飼養し引っ越しを余儀なくされ
それでも引っ越し先もペット飼養不可と知りながら契約し
大家に発覚してしまい泣く泣く手放したと職員さんから聞いています

2012032908 
そして新たに収容された若い成猫
覗き込んでご挨拶すると驚いた表情のまま固まっています
愛すべき家族は新しい住まいへと移ります
新生活のためには厄介者でしかありませんでした

検査室には先週から変わらず10匹の収容
2012032909 
ジャック君

2012032910 
マリアちゃん

2012032911 
かつお君

2012032912 
さつきちゃん

2012032913 
キャロラインちゃん

2012032914 
アリスちゃん

2012032915 
ロップ君

2012032916 width= 
ハッチ君

2012032917 width= 
マネキ君

2012032918width= 
そしてジジ君
左の手先が骨折し変形した上に化膿し出血しています
左前脚は使い物にならないので切断手術が必要です
現在センター側で手術をご検討くださいっていますが
今のところ未定だという事でした

ジジ君の怪我については
私だけでなくブログをご覧いただいている皆様にとっても
今最も何とかして欲しいと願っている子だと思います
これまで数件のコメントを拝見させていただても
その思いは痛いほど伝わってきます

出来る限りの情報を沢山の方々にご提供したい
センターに収容される不用動物の悲惨な現状やこの上ない苦しみ
そして何も出来ないと知りながら
みなさまの気持ちに背中を押されるように毎週通い続け
人知れず葬られようとする命にカメラを向けています

行政と市民という垣根を越えて全てを曝け出してくれるセンターの職員さんたち
ほんの4年前までは検査室へ立ち入ることも禁止されていたとは
今や信じがたい事実です

センターに収容されている以上 私には手出しも意見もできません
かと言って衝動と共に引き取り願い通りの治療が叶ったとしても
ジジ君のような人間に怯え激しい攻撃性がある彼を
無責任に他人へ渡すことも難しいでしょう

命は平等です 
しかしながら選択をしなければならない決断もあります
今は命があることを祈り感謝しながらセンターで会える事
ジジ君が心を開き身を任せてくれる日がやってくると共に
手術を受けるチャンスがある事を
いつも祈り見守っていたいと思います
チームのブログを応援してくださっている皆様なら
きっと理解してくれると願っています
色々と書きたい思いはあるのだけれど
伝えられない事があるのも事実です
どうか理解してご賛同いただけたら幸いです

2012032919 
今年生まれたばかりのチビちゃんたち
2匹の姉妹は赤ちゃんの時に収容されましたが
職員さんの子育てに助けられ離乳期を迎えています
もう少しすれば譲渡対象にしてもらえそうです

2012032920 
新たに収容された2匹のきょうだい
先週末収容されました
風邪を引いているので他の子と接触しないようにお世話をしてもらっています

2012032921 
更に5匹の乳飲み子きょうだい
スーパーのゴミ集積所に捨てられていたそうです
母猫は必死でわが子を探していることでしょう...
生後1週間ほどの幼い命です

熊本市の不用動物が集められるセンターを訪れるたび
さまざまな人間の事情に翻弄される無力な動物たちと出逢います
どうしようもぶつけようのない悲しみと怒り
と同時に
私たち人間の将来の不透明さに恐怖すら覚えます
無責任な人々を非難するのは簡単
まさか当事者にならないかと
自分自身についていつも考えさせられます

引越しのシーズンを迎え
タウンパケット(新聞)でも飼い主募集の告知が多く見られます
どうしようもなく遺棄されてしまう動物たちがもうこれ以上増えませんように
虚しい願いなのかも知れないけれど
無抵抗で無力な家族のために社会の関心がもっと深まり
平和な社会へと一歩前進できることを切に願っています


◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間に代わって命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・使わないバスタオル(当面は使い捨てで活用させていただきます)
・フード (主にドライ)※できるだけ良質なものをお願いします
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・猫トイレ ひのきチップ
・猫トイレ 木質ペレット
 ※ご参考までに取り扱いをしているネットショップのページは
コチラ
・トイレシート(サイズは問いません)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
メールアドレス 
doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

電話番号 096-380-2153

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
どうぞ変わらぬ応援を宜しくお願いします
466


テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

2012.03.29 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!