センターの犬たち

2012021001 
センターに収容されている犬たち

2012021002 
開館時間内はストーブを焚いてもらい寒さを凌いでいますが
職員さんが帰る時間には全てのストーブを消火
夕方から急激に冷えてしまい
朝の職員さんが再び温めてくれるまでは
少しでも体温が奪われないように身体を丸め耐え凌ぎます

2012021003 
センターに収容されている犬は8日現在で71頭
仔犬は数頭譲渡されていますが成犬に動きはありません

2012021004  
お洋服を着せてもらい少しでも暖かくいられるように
電灯を充ててもらっているスイカじいちゃん
寒い季節になると老齢の子ほど衰弱が早く進みます

2012021005 
犬舎の檻も最大6頭収容され差し迫った見てとれます

2012021006 
島ピー君
緑内障により両目の視力を失ってしまいました
まだ若いというのに身体やせ細りお顔が大きく見えます
私達の気配に気づいても無駄吠えもせずこうして休んだまま...
小ぶりでお世話もしやすい10kgに満たない大きさです
穏やかに暮らせるご家族をじっと待っています 

2012021007 
2012021008
収容の長いあぶばあちゃん
写真とはうって変わり お顔周りの被毛の色も顔色も悪くなっているのが分かります
寒さでブルブルと震えている痩せた身体に限界さえも感じました
(体重も5kgから半分ほどに減っているように見えます) 

2012021009 
老化による後肢不全で腰が下がってしまい
全身の力を振り絞って何とか立っている中型犬
守るべき家族のために精一杯尽くしてきたはずなのに...
その家族に見捨てられてしまいました
なんて悲しい現実 人間ってなんて残酷なのでしょうか...

2012021010 
犬舎の奥にも中型の成犬がずらり

2012021011 
事務所の奥で過ごす清君にも会ってきました
今のところお問い合わせはないそうです
 
センターの施設には71というはかない命が今も必死で生きています
犬が飼いたいとお考えの方もそうでない方も
共に社会で共存すべき動物達が追いやられる施設を一度訪問してみてください
罪のない動物たちの純粋で希望に満ちた瞳を見つめてあげてください

------------------------------------------------

2012021012 
昨日は熊日新聞さんの取材を受けました
水曜日にライターさんからご連絡があり突然決まった取材で
何も準備する暇もありませんでしたが(汗)なんとか終了^^

ライターさんの邪魔をしているお客さん大好きな元気・笑

2012021013 
今回の取材は 東日本大震災により家族から離れ離れになってしまった
にゃわんハウスのラブ(犬)とミーちゃん(猫)を取り上げていただくことになっています
写真撮影待ちのミーちゃんが気になる茶太郎くん・笑
のんちゃんが連れて来てくれました

熊日新聞には11日に掲載されると聞いています
(朝刊か夕刊か聞きそびれました・汗)

取材にご協力いただいたのんちゃん
そしてラブとミーちゃん
遅くまでお疲れ様でした

熊日新聞のライターさんも 取り上げて下さってありがとうございました


◆センターの動物たちを助けてください◆

2011121242
無事に仮譲渡され 新しい家族の元でトライアル中です
ご協力ありがとうございます


熊本市動物愛護センターに収容されているキジの男の子です
事故に遭い下半身が麻痺しています

保護されてから3ヵ月以上が経過していますが
職員さんのケアにも限界があり下半身を衛生的に保てないため化膿しています
それでもご飯を食べながら必死で生きようと頑張っています
詳しくはコチラ

ニッキー
■ニッキー■10月28日収容
雑種・♀・推定3-4才
人間でいうと右後肢の甲から先が何らかの事故?で欠損した状態で保護。
最初は骨も剥き出しでしたが、毎日の消毒に嫌がることなく耐え、今では肉も
盛り上がってきています。
ただし、くるぶしの骨折も疑われるため、断脚の必要があるかもしれません。
センターでは不可能・・・。
性格は、痛い治療の時も暴れたり咬もうとしないくらい人に対しとてもフレンドリー。
寂しがりやで、他の犬をかまったり、その場から立ち去ろうとすると鳴きます。

少しでも早い治療とケアを必要としている動物達です
罪のない命を救い家族として寄り添ってくれる家族になってくださいませんか

◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間に代わって命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・使わないバスタオル(当面は使い捨てで活用させていただきます)
・フード (主にドライ)※できるだけ良質なものをお願いします
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)

・猫トイレ ひのきチップ
・猫トイレ 木質ペレット
 ※ご参考までに取り扱いをしているネットショップのページはコチラ

・トイレシート(サイズは問いません)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
メールアドレス 
doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

電話番号 096-380-2153

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
どうぞ変わらぬ応援を宜しくお願いします
466

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

2012.02.10 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!