昨日のセンター

全国を襲う寒波の影響
熊本も例外ではありません
こんな季節はセンターや保健所へ収容された動物達
そして外で暮らす猫たちの事が気がかりです...

昨日はセンター訪問の日
猫の収容は15匹と先週から1匹の減少
嬉しいことに新たな収容はなく
長い収容生活を送っていたアメーシャちゃんに新しい飼い主さんが現れています!

2012012601
 
2012012602 
2012012603 
事務所受付に設置されたケージで出逢いのチャンスを待つ4匹の成猫たち
たつや君・とらじろう君・2匹の黒い兄弟

2012012604 
焼却炉のスペースに設置された成猫スペースには
やや老齢と見られる白茶のオスが取り残されています
職員さんのお話では
寒いのでそろそろ事務所受付の譲渡対象ケージへ移してもらえそうです
怯えてシャーと威嚇するものの
攻撃性はないので時間をかけてあげれば心を開いてくれそうです
大丈夫だよ あなたはゴミなんかじゃない
きっとお迎えがあるからね

検査室には10匹の猫達が収容されています
2012012605 
シャー君

2012012606 
名無しのキジ君

2012012607 
名無しの黒い男の子
左前脚の変形による出血が治まる様子はありません

2012012608 
臆病なキジの女の子(生後半年未満)

2012012609 
かつお君

2012012610 
ジャック君

2012012611 
生後4、5ヵ月の臆病な三毛ちゃん

2012012612 
下半身が麻痺しているキジの男の子
お尻の酷い炎症は治まっていますが 膿のような液体が常に出ているようです
食欲がある今のうちに何とかしてあげたい...
うちにいる茶太郎にも飼い主さんが見つからない位ですから
やはり下半身麻痺になってしまうと幸せになる可能性も奪われるのでしょうか...
厳しい現実を突き付けられているようで
職員さんのみならず見守る私たちの心も折れてしまいそうです

2012012613 
下半身が弱かった名無しの男の子
ご飯もしっかり食べてふらつきも無くなったそうです

2012012614 
三毛柄の脇を怪我している女の子
生後1年未満の若くて人懐っこい性格です

以上が現在センターへ収容されている猫たち
幸いにも猫の出産シーズンがオフに入り
収容も止まっています
春までに何とか減らないとシーズンが始まれば
保護するスペースの確保も難しくなります

週末のタウンパケット(新聞の掲示板)に今週も掲載し
呼びかけを続けてみたいと思います

そして 久しぶりに犬舎の犬達に再会することができました!

2012012615 
きぃちゃん 元気だったね!
また会えて嬉しいよ!!

2012012616 
現在の犬の収容は69頭
パルボが終息した今でもビルコン消毒を徹底し
再発防止に努めてくださっています

2012012617 
それにしても収容数の危機は変わらず
裏の通用口にも6頭の犬が繋がれています

2012012618 
老齢の犬も寒そうで
みなさまから寄せられたお洋服で少しでも温かくしてもらっています

2012012619 
シーズー犬やミニチュアダックスたちにもお洋服を着せてもらっています

2012012620 
島ピー君もオレンジ色のお洋服
彼は10月にパルボの陽性反応が出てしまいましたが
職員さんの治療という選択により命が救われました
1日前に発症していたら殺処分されたでしょう
うみんちゅと同じ幸運の持ち主である島ピーにも
きっと幸せが来ると信じています

ここで皆様へご協力のお願いです
センターに収容された猫たちのためにトイレの砂=システム用のチップを
送っていただけませんか
昨日職員さんに不足しているアイテムを尋ねたところ
慢性的にチップが不足し困っているという事でした
センターへ救援物資をとご検討の方がいらっしゃいましたら
ご検討を宜しくお願いします


◆センターの動物たちを助けてください◆

2011121242
熊本市動物愛護センターに収容されているキジの男の子です
事故に遭い下半身が麻痺しています

保護されてから3ヵ月以上が経過していますが
職員さんのケアにも限界があり下半身を衛生的に保てないため化膿しています
それでもご飯を食べながら必死で生きようと頑張っています
詳しくはコチラ

ニッキー
■ニッキー■10月28日収容
雑種・♀・推定3-4才
人間でいうと右後肢の甲から先が何らかの事故?で欠損した状態で保護。
最初は骨も剥き出しでしたが、毎日の消毒に嫌がることなく耐え、今では肉も
盛り上がってきています。
ただし、くるぶしの骨折も疑われるため、断脚の必要があるかもしれません。
センターでは不可能・・・。
性格は、痛い治療の時も暴れたり咬もうとしないくらい人に対しとてもフレンドリー。
寂しがりやで、他の犬をかまったり、その場から立ち去ろうとすると鳴きます。

少しでも早い治療とケアを必要としている動物達です
罪のない命を救い家族として寄り添ってくれる家族になってくださいませんか

◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間に代わって命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・使わないバスタオル(当面は使い捨てで活用させていただきます)
・フード (主にドライ)※できるだけ良質なものをお願いします
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)

・猫トイレ ひのきチップ
・トイレシート(サイズは問いません)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
メールアドレス 
doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

電話番号 096-380-2153

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
どうぞ変わらぬ応援を宜しくお願いします
466

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

2012.01.26 | | Trackback(0) | 熊本市動物愛護センター

«  | HOME |  »

プロフィール

にゃわん

Author:にゃわん
主に熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、新しい家族への橋渡しをしています。レスキューするにゃわん、不幸な猫達を預かりケガや病気の治療をしてくださる一時預かりさん、支援金や支援物資で後方支援してくださる方々、そして安住の地として迎えてくれる新しい飼主さん。はかない命をみんなで繋げようとする素晴らしい命のリレーをご紹介していきたいと思います。

カテゴリー

カレンダー

検索フォーム

携帯からも応援ヨロシク!

QR

リンク用バナー


リンク大歓迎です!
バナーが必要な方は
こちらのバナーをどうぞ☆

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヤフオク!